自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第4階層に待ち受けるボスを倒し、第5階層へ。
現在、22階に登ったところです。 

*これ以後、21階までのネタバレの可能性有です。
 注意してお読みください。

さて。

第3階層のボスは割とてこずったのですが
第4階層のボスは特殊攻撃への対策をおこなっていたら
思っていたよりもあっさり勝てました。

「これは無理だ」と思っても
少し戦い方を変えてみるとかスキルを振りなおしてみることで
必ず勝利への道が見えてくる。
これが「世界中の迷宮」の魅力であることは間違いないなぁと思います。

17Fか18Fで兵士さんから”いいもの”を1万円でゲットしましたので
探索場所がぐっと上がり、そちらを探索しておりました。
ついでに完遂していないクエストも少々。

酒場で受けることの出来るクエストは派生系のものも多くあり
1つ達成することで次のクエスト発生、というのも結構あります。
階層を進める&クエストの派生系の多さで達成しても達成しても
クエストが無くならないという、嬉しい悲鳴をあげております。

でも、○○集めはちょっと面倒…とか
△△ってどこに行けばいいんだ? などクエストが進まないこともしばしば。
メインストーリーに対して息抜き程度でクエストをおこなう、というのが
管理人には最も適したプレイスタイルかもしれない。

クエストは報酬があるものの、それほど大したものはないんですよね。
ただ、クエストの1つ1つにはドラマがありまして。
それが楽しみで受けているのは間違いないなぁと。
全てをグラフィックで表現しないからこそ、想像力をかきたてられる。
それも1つの魅力だと思います。

前作は地下25階がラストフロア(隠し除く)でしたので
同じだと考えるとそろそろ終わりが見えてきたなといった感じです。
全ての謎を解き、物語を終える達成感が楽しみなようであり寂しくも感じられます。

そういう風に終わることに対して寂しさを感じられるというのは
名作と言われるための1つの条件ではないでしょうか。
体験していない人には是非プレイしてみてほしい作品ですね。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-29 00:55 | ゲーム
悲しい一つの物語を終えると目の前には美しい光景が広がっていたのだった。

とまぁ、こんな書き出しで小説でも書けそうなくらい楽しんでいる管理人ですが
いかんせん時間が…。もう寝ないと明日が厳しい。

レンジャーが弱体化されすぎている気がするので
ガンナーのチャージショット、メディックの回復魔法のために
アザーズステップにでも振りなおそうか考えたり

今まではせいぜい1万円台のお店の商品の中に25万円↑のものが
あらわれ、びっくりしたり

相変わらずの雑魚、ボスの強さにヒィヒィいいながら冒険してます。
全滅しても「これが世界樹なんだよな」と納得している管理人。
どうやらかなり楽しんでいる模様です。

と、今日はこのくらいで。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-26 01:23 | ゲーム
現在、12Fあたりをうろついている管理人です。
世界樹の中は暑くなったと思ったら急に冷えてきたり大変です。
でも、負けずに頑張ろうと思います。

さて。

更新2回目となる今回は、
管理人が気づいた知っていたら得だよと思える小ネタを一つ。
ただ、もしかしたら前作からも使えてたかもしれないし
知っている方も大勢いるとは思いますので、そういった方は

「今頃気づいてるのかよ」

と鼻で笑うにおさえておいてください。
書き込みされるとちょっと泣きたくなるかもしれないので(嘘です

本題に戻りまして。

パラディンのスキルに「全力疾走」ってありますよね。
能力としては「戦闘中に逃げるスキル」です。

で、成功すれば前の階に移動。失敗すれば戦闘が終了するだけ。
前の階というのは、現在いる地点の1つ前に通った階を指します。
5Fだとすると、4Fか6Fになりますね。

では、5Fから始めた場合(地軸の柱を使用時)はどうなるか。
実はですね、100%失敗して戦闘が終了するのみ。となります(管理人調べ)
つまり、100%逃げられる(逃げられない戦闘除く)スキルになるのです。
(そして、その場からは動かない)

これの何が便利なのか?というと
伐採、採取、採掘用のキャラを複数人パーティーに入れても
無事にポイントまで到達できることですね。
もちろん、相手に先手取られたりした場合はダメージを食らいますので
レンジャースキル(先制ブースト、危機感知)をつけると尚よろしいかと。

これによって、樹海地軸、地軸の柱がある階は縦横無尽に走り回れます。
そして材料とり放題。ええ、そりゃもうとり放題なのです。
ただ、今回からは材料を取るときにたまにモンスターが出てくるようなので
それだけはご注意を。

と、こんな感じですがどうだったでしょうか。
本記事を読んでいただけた冒険者の方に少しでも役立てば良いのですが。

さてさて、空飛ぶ城を目指して世界樹を登るとしましょうか。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-24 21:08 | ゲーム
昨日、やっと届いたので世界樹の迷宮Ⅱをプレイ中。
現在、4F地点。先は長いし、楽しみだ。

プレイ後初となる今回は新職業について思うことを少し書いてみようと思う。
プレイ時間は短いので初見程度の考えしかないけれど。

■ガンナー

時間はかかるが威力が高い「チャージショット」
「チャージショット」と属性を組み合わせる「○○チャージショット」
また、全体を攻撃出来るスキルも有する攻撃特化型の職業。

普段の攻撃力も高いので火力が足りないと思うパーティーに入れると良さそう。
ただ、ガンナー自体の行動速度が遅いことと時間がかかるスキルがあると
いうことで、その間は耐える必要がある。
パラディン、メディックなど防御、回復系の職業との相性は良さそう。

ちなみに管理人のパーティーでは火力担当の主力の1人。


■ドクトルマグス

支援、回復系の援護系スキル。
特殊攻撃系のスキル。
両方を併せ持つ、オールラウンダーなキャラ。

になるかと思っていたけども、どちらかというと器用貧乏になりそうな職業。
援護スキル、攻撃系スキルのどちらかに特化したキャラにしたら使えるかも。
もしくは、メディックがいるパーティーのサブ回復キャラか。

攻撃タイプに育てるのも少し難点がある。
それはスキル能力が特殊なことが理由で例えば

「○○の状態の敵に大ダメージ」
「△△の敵から体力を奪う」

といった、敵の状態に依存するスキルが多いからだ。
なので、攻撃タイプとして育てるのならばカースメーカーをパーティーに
入れることをオススメする。そうすることによって大化けする可能性は十分ある。

ちなみに管理人はカースメーカーをパーティーに入れていなかったので
2Fで見限りました…。また後で育てるかもしれない。


とこんな感じかな。
ガンナーはパーティーに入れ続けると思うので
また感想も変わってくるかもしれない。

その時はまた述べようと思う。
さて、世界樹探索の続きだ。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-23 10:06 | ゲーム
本日、先輩のジョークに対してそっけない態度をとっていると
「もう少し社会的にいこうや」と最もな一言を言われた管理人です、こんばんは。

さて、昨日のブログに対してコメントがあり
しかも、アマゾンってまだキャンセルできるっぽかったので
近くのゲームショップをまわってきました。

一軒目

「世界樹の迷宮、特典つきますか?」
「予約されてない方はつきませんねぇ」

当日まで特典つくかどうか分からないって言われてたからなぁ…。
つくかどうか分からないのに予約は出来ぬ。

二軒目

「世界樹の迷宮、(以下略」
「発売日、明日ですよ」

いや、まぁ。
そうなんですけど…。

三軒目

「世界樹の(ry」
「予約されている方だけですね」

……やっぱりか。

というわけで、三軒とも撃沈でした。
二軒目は明日もう一回見に行ってもいいけど期待薄。
おとなしく明後日を待つのがいいかもしれない。

そんなわけで、世界樹の迷宮について少し語ろうかと思います。
それで購入者が1人でもいればファンとしても嬉しいし。

ジャンルはダンジョンRPG。
自分視点でダンジョンを探索していきます。

■自分だけの○○

世界樹の迷宮は、探索するダンジョンにマップが存在しない。
タッチペンを用いて自分のマップを作成
自分の残した足跡が、見つけた何かが、多くの出会いが
自分だけのマップとして残る。

本当にダンジョンを探索している感覚が味わえることと
1つ1つのマップが完成した時の達成感が本ゲームの大きな醍醐味の1つ。

また、自分の仲間(自分を含む)も自分で作成。
いくつかある職業から好きな職業を選びパーティーを作成。
また、レベルが上がった時に貰えるスキルポイントは自分の好きなスキルにふる。

同じ職業でも全く違うキャラが出来る。
それは、パーティー構成の無限の可能性を示していることに他ならないのである。

■懐かしい?それとも斬新?ゲームブック風の語り

本ゲームのテキストは一昔前のゲームブックを
思い出してもらえると分かりやすい。
例えば…そうだな。

「歩みを進める君達の眼前に泉が見えてきた。
泉の水は透き通っており、身体に悪いとも思えない。
君達は、泉の水で喉の渇きを癒してもいいし、
歩みをとめず探索をつづけてもいい」

こんな感じかな。
少し懐かしい感じが本ゲームに合っていて凄く良い感じ。
知らず知らず「世界樹の迷宮」にのめりこんでいる感覚を味わえるのだ。


最後に公式サイトを紹介。
ゲーム画面やキャラクターの説明をより詳しく見たい人は是非。

さて。

私の「世界樹の迷宮」に関する語りはこれで終わりだ。
君達が興味を抱き、一緒に探索してみたいというのなら購入してもいいし
あまり乗り気でないのなら今回はパスしてもいい。

もし、一緒に探索を続けるというのならば私は拒まない。
共に世界樹の謎を解き明かそうではないか。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-20 21:59 | ゲーム
土曜、残業したら鍵閉める役(最後なので)になりました。
1時間残業したら最後になるってどれだけ幸せな課なのだろうか…。

まぁ、いつも金曜は皆さん早いですしね。
それに日曜しか休みがないということで早く帰られたんでしょう。うん。

さて、ゲームの話。

TODDC(テイルズオブデスティニー ディレクターズカット)の本編をクリア。
30時間くらいで終わると思ってたけれど40時間かかりました。
途中で詰まってサイトを見るという、老化を感じさせるイベントもありましたが…。

PS版をプレイしてから2度目のプレイということになりましたが満足。
PS版をあまり覚えていないので比較は出来ないのですけども。

戦闘が面白いっていうのは、大きなアドバンテージかと。
アクション要素を含んだ戦闘は飽きが中々きません。
新しい技を覚えるたびに技の連携など考えられるしね。
といっても、ほとんど力押しでどうにかなるんだけども。

あと、PS版ってこんなに声入ってたかな…?
リメイクされてから入ったのかもしれないけど、やっぱり声はあったほうがいい。
特にこのゲームは戦闘中は声有りなので違和感もないし。

しかし、一つだけ声が入ることによる不満。
PSP版ファンタジアの時も書いたかもしれないけど
主人公の名前、変更しても文字しか変わらず呼び方はそのまま。
すごく不自然なのですぐに元に戻しました。こんな仕様ならこの機能いらない…。

それ以外は概ね満足。

今回の追加要素であるリオンサイドは未プレイなので近いうちにやります。
世界樹の迷宮の後になる可能性が否定できませんが。

世界樹の迷宮は、近くのショップで特典付きが予約できなかったから
結局アマゾンで注文。おそらく金曜に届くんだろうなぁ。
いつも水曜に買ってるので残念で仕方ない。

明日、近くのショップに行って売ってたら、注文キャンセルして買う方法も
あるんだけど。発売日前日ってキャンセル出来たっけ?

出来なかった場合は2つ買うことになるのか。
その場合、誰か買いませんか? >リアル友人の方
タイトルがタイトルだけに挙手は期待できそうもないですが
個人的にはオススメのソフトなのでこの機会にやってみたい方は是非。

期限は明日の夕方(早
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-20 01:21 | 日記

つれづれと近況でも

いやー寒いからって更新しないでいると
一週間なんてあっという間です。

今日は金曜日、やっと今週も終わりだなぁと。

いつもなら言うんですが…。
今週は明日も出勤日なのです。
管理人の会社は月曜が祝日になった時は土曜出勤(の週もある)

納得いかん…。

管理人、旅行好きというわけでもないですから
3連休と1日の休みなら、2連休が2回あったほうが絶対良いです。
「明日も休みだなぁ」と思いながら過ごす昼が最高なのに。

さて、昨日はバレンタインデー。
去年までは研究室の先輩から貰ってましたが今年からは無い。

と思ってましたが、同じ課の女性人一同から貰いました。
もちろん、全員で1つ。もちろん、義理。
貰えた嬉しさよりも「おやつゲット」と考えてしまう管理人。
良いのやら悪いのやら。

というわけで、今年も特に何もなく14日は過ぎていきましたとさ。

あとは…そうそう。
現在はテイルズオブデスティニーやってます。

リメイクされたとはいえ、元々PS。
大画面でプレイするにはやっぱり荒く感じるなと思いましたが
ゲームの面白さは相変わらず。

PSのソフトは主題歌の「夢であるように」が素敵だったので購入したんですよ。
いわゆる歌買い?ってこんな言葉あるのかどうかわかりませんが。
リメイクされても歌は変わってなかったので良かった。
夜中は無線ヘッドホン(擬似7.1ch)つけてやってますが良いですなー。

うーん、とりあえず今日はこれくらいにしておこう。
最近、寝不足気味なので今日は早く寝ようかな。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-15 20:55 | 日記
金曜日は会社の飲み会(新年会兼送別会)
で、忘年会に続いて幹事。

結局、幹事の内1人は残業のために来れなかったので
同僚と2人で司会進行(といっても大したことはしなくていい)することに。

話は変わりますが、

「人が頼りになるかどうか知りたいのなら旅行(特に外国とか)に
一緒に行ってみると一発で分かる」

そんな感じの言葉を聞いたことがあります。
管理人は旅行はほとんど行かないので言い切ることは出来ませんが
少なからず上記の言葉は当たっているかと。

まぁ、何が言いたいかというと。

一緒に幹事をした同僚は、いかに管理人が
(少なくとも飲み会の幹事においては)あまり頼りにならないと認識したに違いない。

ということです。

元々得意じゃない、むしろ苦手だと思っていましたが
実際やってみて再認識(といっても、司会進行はほぼ全て同僚がやったわけですが)
やっぱり、人間って得手不得手があるんだなと。

得手不得手ってことで言えば、飲み会自体が不得手の部類になるかもしれません。
仲の良い同僚や先輩、後輩と飲みに行くならまだしも
組織的な飲み会というのはどうも肌に合わないらしい。

・お酒がそれほど好きではない
・コミュニケーション能力が高くない(話題も豊富ではない)

これで楽しむのは相当至難の業かと…。

特に2つ目。
女性と話すのは苦手と思っていたけど(まぁ、それは当たっているんだけど)
あまり話したことの無い人全般にも言えることに気が付いてきましたよ。

一応、話しかけてくれたりする先輩もいますが特に会話が続くわけでもなく。
むしろ、その後の空気が多少気まずかったりするわけで。
せっかく話しかけてくれたのに申し訳ないなぁと。

総評から言いますと。

もう幹事を頼まれても丁重にお断りしたいというのが本音。
お店選びや集金ならまだしも、司会進行は無理だというのが結論。
盛り上がりに水を差す結果になるわけだから、盛り上げが上手い人が
やったほうがいいと思うんだよね、双方にとって。

今年は1年目ってことで、多分全部の飲み会に参加してたけど
これからは節目節目以外の飲み会は自粛しようかな…
と今のところ思ってたりする。

飲み会の後で行くカラオケとかは好きなんだけど
飲み会で盛り上がりに参加してなかったら、2次会も行きづらいしねぇ。
それだけは残念だけど。

さてさて。

飲み会の後は後輩宅にお邪魔させていただきました。
次の日、先輩宅を訪れるということで泊めてもらうことに。
といいますのも、飲み会会場から見て管理人のアパート宅と先輩宅は真逆。
一回帰ると時間もお金ももったいないなぁと。

あと、スマブラをワイワイプレイいいながらプレイしたかったしね。

そんなわけで、最初は4人で。(午前2時くらいまで)
途中からは3人でスマブラをプレイしてました。(午前5時くらいまで)

オンライン機能がついているというものの、やっぱり一箇所に集まって
プレイするのは最高ですね。
対戦者の表情や声が分かるというのは最大の利点かと。
Wiiのオン機能が弱いというのもあるんだけども。

・いつでも好きなようにメッセージを打てない(打ち込んでいた4つ定型文のみ)
・声が分からない

この2点さえ解消してくれたら盛り上がるに違いないんだけども。
360と同じようにボイスチャットを実装してくれないかな。
せめて、フレンド対戦だけでも。と、お願いしたい次第。

5時半くらいに寝始めて11時過ぎに起床。

雨降ってる&傘ないってことで後輩から傘を購入。
最近、生協で買った未開封の傘らしい。悪いことをしたなと思いながら感謝。

そこからは汽車で先輩の待つ駅へ。

初めてお邪魔させてもらったんだけど「広い」というのが第一の感想。
管理人宅を訪れた友人も大抵、広いなと言うのですが
うちと比較しても全然広かった。

10~12畳?くらいのリビングと寝室が別にありまして。
これで駐車場付きで6万円らしいのでかなりお得な物件かと。
ちなみに駐車場は1万円らしいのでそれがなかったら、5万円ですよ、奥さん(誰
次に引っ越すとしたら、こういうところがいいかなと密かに思ってます。

先輩宅では持っていったゲームをプレイしたり、先輩がプレイしている
ゲームを見せてもらったりと、ゲーム三昧な時間を過ごす。

昼食はラーメン、夕食はパスタと両方とも麺(そーいや、今日の昼もラーメンだ)
どっちも美味しかったけど、特に印象に残ったのは夕食かな。
せっかくなのでメインも食べられるコース(2400円+100円)にしたのだ。

前菜からドリンクまで美味しく頂きました…が、ちょっと出費が大きかったかも。
普段は食費を削ろうとしているんだけど、外で食べる時はパッーと使う管理人。
お金も貯まりにくいはずだなぁと。まぁ、たまにしかないのでいいかと。

先輩にはアパートまで送っていただきました。
非常に助かりました。ありがとうございます。

と、こんな感じの金曜土曜でございました。

さーて、テイルズオブデスティニーDCをプレイするかなー。
(実は、スマブラ買った次の日に買っていたのだよ)
今日、明日はテイルズ三昧にするかな。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-10 15:22 | 日記
亜空の使者を「ふつう」でクリア。
そして使用キャラも全て出しました。

オンライン対戦をしたいと思っているのですが
混雑が原因なのか繋がりません(大観戦は繋がるのに…)
朝5時くらいに試したら繋がったので混雑が原因なのかもしれません。
現在、調査中とのことなのでしばらく様子見。

というわけで、やっとことブログを更新しようかと思います。
とりあえず、今回は「亜空の使者」メインで。

---台詞のない映像美---

ステージの途中、または最後にちょっとしたムービーがあります。
キャラの台詞は一切なし(ゲーム中のちょっとした声などはありますが)
キャラそれぞれの持つイメージを大事にしたいという考えからでしょうね。

初めの頃は、台詞のない映像に少し違和感を感じていました。
が、少しずつ慣れていき、最後にはそれが「当たり前」になっていることに気づきます。
けして、質の悪い映像に慣れた、という意味ではなく

「台詞抜きでここまで素晴らしい演出が出来るのか」

そういう考えを持たされていたのだと思います。
1つの物語を見終わった後のようにしばしの余韻を感じてましたから。

「キャラのイメージを大事にしたい」という考えと
「台詞がないことを言い訳にしてつまらない映像にはしない」という
任天堂の考えが垣間見えた気がしました。


---蘇る思い出 まさに"効果"音---

昔から任天堂のソフトを遊んでいる管理人にとって嬉しかったのは
ゲーム中の音です。BGMもそうなんですが、ここでいうのは効果音。

クリボーやノコノコを踏んだ時の音。
アイスクライマーがジャンプする時の音。

全て昔を思い出させてくれる音でした。
ポケモン風に言えば

「にんてんどうは 昔懐かしい音を くりだした
こうかは ばつぐんだ」

そんな感じです。

任天堂の考える”新たに獲得したい新規ファン層”の中には
FC時代にゲームを楽しんだ人たちもしっかりと入っているんだなと
実感できました。言葉ではなく、心で。


他にも色々と感じることはありますが、とりあえずこのくらいで。
次回があれば、またそこで語りましょうか。それでは。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-03 21:31 | 日記