自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー

<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

一応、クリアしました。

物語などがよく練られてあり(10年以上前なのに)
SFC時代に完成していたことを考えると完成度が非常に高いですね。

奥義書、呪文書などを旅の途中で得て徐々に強くなっていくのは
まさに冒険をしているという気にさせてくれます。
特技を使いつづけていると奥義が使えるようになったりとかね。

あと、戦闘もいい感じです。ボイス入り、連携によるHIT数。
特に処理落ちすることもなくスムーズです。
皆で戦っている感ありありなのでいいですね。

時を越えた冒険。自分の信じる正義のために戦っていた敵。
今では割とありふれた設定かもしれないですけど、発売された当時を
考えるとオリジナリティーあふれる設定だったんではないでしょうか。
当時を覚えていないので間違っているかもしれないですけど。

不満点としては……攻略するまでに攻略サイトをちらっと見てしまったこと。
ものすごい私的な不満点で申し訳ない。

管理人はクリアするまでは、攻略サイトなどを見ない派なんですが
同じところで(多分)3~4時間くらい迷っててLvもどんどん上がりますし、
このままじゃ強くなりすぎて面白くなくなるんじゃない?と思ったので
ついつい見てしまいました。まことに無念。

それに研究報告書を仕上げる時間がなくなりそうだったし。 ←1番の理由
普段は絶対見ない人なので今回サイトに頼ってしまったことはショックです。

「わしも老いたものじゃ。そろそろ引退かの?」

という気持ちがよぎったとかよぎってないとか。
まぁ、引退はしないでしょうけど。

というわけでゲーム自体に大きな不満点は見つからなかったです。
さすがに何作も続編を作っているだけのゲームだけはあるなぁと
心から思いましたよ。

さて!

報告書書かないと……。
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-11 00:18 | ゲーム

もう疲れました ブログ

……のトラックバックを消すこと。

なんだか最近、異常に多いです。トラックバック。
いえ、多いのはいいんですけどね。内容がそれなりのものならば。
ただ、ブログ内容に関係ない(英語なので確認してませんが)ものは
貼られたら消してます。

一日に2,3ならまだ良かったんですけど、最近は特にひどいです。
昨日、40個(数えてませんので感覚で)くらい消したんですよ。
もちろん手動で。それなのに、今日もまた貼られてますからねぇ。

で、数えてみたら80個……。

なんで倍になってんのさ……。
「ナッパに悟飯狙われた時の悟空@界王拳」の戦闘力じゃないんだから。
 *分かりにくい例えで申し訳ない

毎日こんなことをしていたら、流石に時間の無駄だということで
迷惑トラックバックが貼られていた記事は、トラックバック不可にしました。
昔の記事にトラックバックする人もいないだろうと思いまして。
(新しい記事は不可にはしていません)

こういうトラックバックが増え始めた頃には
「ちょっとは有名になった証拠かな」などと軽く考えていましたが
ここまで増えると、流石に邪魔以外の何物でもないですね。

こういうトラックバックって当然プログラムでやってるんでしょうけど
わざわざプログラム作ってご苦労さまですね。
ほとんどの人が飛ばないでしょうけど、少数の人のためにやってるんですね。
まぁ、何度か飛んだことはありますけどね。

そういえば、携帯の迷惑メールも最近増えだしました。(ここ1ヶ月くらい?)
迷惑メールもそうですけど、もう少し受け取る人のことを考えてほしいなと
思います。自分が受け取ったら嫌でしょうに。

まぁ、そういうことを思える人はこういったことはしないでしょうけどね。
それとも思っているけどしてるんでしょうか?そうすると余計悪質ですね。

このまま、この出来事を「嫌なこと」だけで終わらせるのもしゃくなので。
この出来事で「相手のことを考えられる人に近づけたに違いない」と
思うようにします。そういえば色々と歌になってますね。

♪涙の数だけ 強くなれるよ
♪人は悲しみが 多いほど 人には優しく できるのだから

とかね。
自分が嫌な思いをした時ほど、こういった歌の意味が深く理解できますね。
管理人は、伝えたいことがしっかり入っている歌は大好きです。

とまぁ、これらを思い出せただけでも収穫がありましたね。
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-09 23:43 | 日記

長嶋さんに学ぶ

お昼の番組「ごきげんよう」を見てましたら、長嶋茂雄さんの逸話が
聞けましたので紹介したいと思います。

管理人は「前に聞いたことあるかも?」と思いましたので
有名な逸話なのかもしれませんね。

長嶋さんが大学時代の話だそうです。
皆さんも知っての通り、長嶋さんは英語が不得意……というか
かなり自己流なので単位が取れそうになかったそうです。

しかし、長嶋さんはスーパースター。
「単位が取れず卒業できないなんていうのはまずい」と担当教授が
考えたらしいんですよね。

そこで、誰がやっても答えられる問題にしたらいいじゃないか、という
結論に至ったらしいんです。そのテストの問題の一例がこれです。

問題 次の英語を過去形にしなさい。
(英文) I live in Tokyo.(私は東京に住んでいます)

簡単ですね。中学生でも余裕で解けます。
もちろん答えは「I lived in Tokyo」です(間違ってないですよね……?)

これなら絶対大丈夫だと思ったに違いないです、教授。
そりゃそうです。誰でも思います。
しかし、長嶋さんが書いた答えは次のようなものでした。

I live in Edo.(私は江戸に住んでいます)

いや、確かに過去形やけど!ちゃうやん?自分まちごうとるで?
……と思わず関西弁になるほどの答でした。
結局単位はどうなったんですかね?そこまでは知らないのですけど。

この答えは確かに間違っているんですけど、ただ単に「馬鹿だなぁ」と思うか
それとも「この人は自由な発想が出来る人だ」と思うかは人それぞれですね。
管理人は後者ですね。正直、感心してしまいました。
まぁ、長嶋さんは苦し紛れで書いたのかもしれないですけどね(笑)

この逸話を聞いて、人と違った発想が出来るような人になりたいと思いました。
しかし、違う発想だけを求めるのではなくて、皆と同じ考えも思いついたうえで
違う角度から物事を見ることが出来るような人を目指したいですね。

ある問題に対して答が出せたとしても、「これが本当に合っているのか」
「違う答はないのか」「もっと良い答はないのか」ということを
常に心に留めておくことを心掛けられる人になれれば、と思います。

面白いと思いませんか?
人がゴールと思っていたところが、実はスタートに過ぎなくて
自分だけが本当のゴールを見つけることが出来たとしたら。

管理人は、そういう体験が出来たらすごく面白いと思います。
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-08 23:38 | 日記

DSとPSPを比較してみる

管理人はDSとPSPの両方を持っているわけですが、
「どっち買うか迷ってるんだけど、どっちがいいの?」という問いに
はっきりと答えることができません。

まぁ、そんなこと聞いてくることはないと思うんですけど……。
一応、聞かれた時のためにちょっと考えておこうかなと。

といっても、いきなり総合的に比較することは難しいので
焦点を絞って項目ごとに比較していくことにします。

【値段】
PSP(20.790円) vs DSLite(16.800円)

まずは単純に本体の値段を。この時点で既にDSが安価ということが
分かるのですが、PSPは更に値段がかかります。
それはメモリースティック(セーブデータを作成するために必要)
PS2で言うメモリーカードみたいなものです。
これが3000円くらいだったかな?とりあえず1つあれば大丈夫です。

そういうわけで値段部門ではDSの圧勝ですね。
もちろん機能が違いますから単純比較は難しいんですけどね。

【機能】
両方ともゲームが出来る、インターネットが出来るという点は同じかな。
ワンセグも両方出来る……はず。
あ、ネットをするためには周辺機器の購入が必要です。

で、相違点ですけど。
PSPは動画を見ることが出来ます(管理人は見たことないですけど)
TVで撮った映像をPSPを使って見れます(高画質……多分)
ただ、1ギガのメモリースティックが必要です。
ゲーム用のは32メガ。当然ですが高いです。

DSは、ゲームシェアリングかな?ゲームシェアリングというのは
本体が複数あればソフト1つで同じゲームを楽しめることです。
1つだけソフトがあれば友人と対戦できるっていうのは
すごく魅力的なことだと思います。
PSPも出来るんだったかな……はっきり分かりません。すみません。

それから、タッチペンがあることも大きいですね。
タッチペンでお絵かきのような感覚でゲームできるので
今までゲームをしたことがない人にもおすすめです。

最後に、この項目の管理人の考えです。
「ゲーム」を友人達と楽しみたいという目的ならDS。
ゲーム以外の機能も使いたいならPSP、かな。
管理人としては両方ありだと思ってますが、どちらかと言えばDSです。

【グラフィック】
「映像の美しさ」で言えばPSPの圧勝です、これは間違いないでしょう。
ていうか、この項目が売りですからね。ここで負けてちゃ話になりません。

ただ、付け加えておきます。
「綺麗な映像のゲーム」が「面白いゲーム」になるとは限りませんし、
「面白いゲーム」はどんな映像でも楽しめます。
もし同じ内容なら綺麗な映像のほうがいいでしょうけどね。

【電池持続期間】
PSPが4~6時間くらいです。携帯機としては短いです。
DSLiteは明るさの調整が出来ます。
一番明るい時で6~8時間、一番暗い時なら15時間くらいです。

ちなみに管理人は二番目の暗さでやってるんですけど
10時間くらいは持ちますね。結構いいと思ってます。
PSPは映像が綺麗な分、消費も早いんでしょうね。
これは携帯にもいえることですが、ここを何とかしてほしいですね。

【重量】
性格な重量はわかりませんが、DS(Lite)のほうが薄いし軽いです。
携帯機としては良い感じです。
ただ、その分画面の大きさは小さくなってしまいます。
見やすさという点では、映像の美しさとともにPSPが勝っています。

【ゲームジャンル】
タイトル総数はDSが勝ってると思います。
ジャンルはDSが皆で遊ぶソフトが多いのに対して、PSPは一人でじっくり
するゲーム(RPGとか)が多いような気がします(気のせい?)

管理人のイメージとしては
DS……複数でワイワイ出来るゲームが多い。もちろん、一人用もあり。
     ライトなユーザー用のゲームが多い、かな。
PSP……映像を楽しみながらじっくりやる(ヘビーユーザー用)ゲームが多い。
      据え置き型のゲームを携帯機でやってる感じかな?

これは個人の好みにもよると思いますが……
管理人はどっちも好きです(きっぱり)


項目としてはこのくらいかな?まだ、他にも聞きたい項目がある方は
仰ってくれたら書き足しますので、コメント待ってます。

で、結局どっちがおすすめなのよ?ってことですけど非常に難しいですね。
もし、実際聞かれたら、その人が何を求めているかを聞いたあとで
答えを出したいと思います。

まぁ、一つだけ言えることは……どっちも楽しんでいる管理人は勝ち組!
ってことくらいです(ライトゲーマーのたわ言なんで流してください)

さて、現在はPSP用ソフトの
Tales of PHANTASIA -フルボイスエディション-
をやってます。リメイクなのですがプレイしたことないので楽しめてます。

ただ、名前変更できるのにボイスがそのままってどうよ?とは思いました。

(例) 画面上:「おはよう、カズ」 ボイス:「おはよう、クレス」

違和感ありすぎなんで、デフォルトの名前に変えましたよ……。
こんな仕様なら名前変更機能いらないです、はい。
ゲーム内容は面白いだけに残念な点です。
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-07 23:38 | ゲーム

FF3小説 書き換えました

先日アップしていた小説、未熟ながらも不満点がありましたので
改訂版として再びアップしました。

やはりセリフの前に名前があるのは、小説としては未完成な気がして。
まぁ、今回のもまだまだ改善の余地はあるのですけどねぇ。

というわけですので、興味がある方がいらっしゃいましたら
前回と見比べてみるのも面白いかもしれません。
別に面白くない?……すみません。

小説へのリンクの前に以前から加わった語句の説明を少し。

【サロニア】
世界で最も大きな国(だと思われる)
大きな城の他には城下町が4つほどあり、一日でまわりきることは
難しいのではないだろうか。
ちなみに、ルーネス達はサロニアの内乱に巻き込まれて
飛空挺エンタープライズを失った。

【アルス】
出会った頃はサロニアの王子であり、魔物に操られていた王によって
城外に追い出されていた。
ルーネス達が魔物を倒すものの、父はアルスを守るために倒れた。
今はサロニアを治める若き王である。
出会った頃に見られた未熟な点を感じさせなくなっている。


それでは、以下のリンクをクリックしてみてください。
 *注:劇的な変化はありません……。

悠久の風を受けながら(改訂版)
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-06 19:53 | 小説
タイトルに深い意味はありません、あしからず。

ただ、日曜に食べたコロッケで口の中を火傷しただけです。
で、口の中の皮がべろーんと……アイタタタ。
思い出したら痛くなってきます。

空腹だったので、熱さを確かめずにかぶりついたのが敗因です。
シャア(機動戦士ガンダムのキャラ)風にいうと以下のようになります。

「認めなくないものだな……。若さゆえの過ちというものを」

まさか、コロッケがあれほど熱々だとは思いませんでしたよ。
すぐに水を口に含めば軽症(いや、今も軽症ですけど)で
済んだかもしれないんですけど

「なんか、もったいなくて」

……。
それで火傷して、数日間食事を楽しめないなら元も子もないですね(反省)
でも、2日経った今ではほとんど回復してます。明日には全快でしょう。

火傷したといっても口の中ですから、すぐに治るとは思ってました。
流石、口の中だけはあります。

「怪我しても唾つけときゃ治る」

とはよく言ったもんだと、しみじみ思ってしまいました。
とまぁ、なんでもない話で更新しちゃいましたね。
でも、たわいもない話でも書き出せば結構書けるものですね。
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-05 21:10 | 日記

FF3小説 第二弾

さて、なんとなくお話が思い浮かんだのでまた書いてみました。
書き始めるまでは長いですが、書き始めると一気に書き上げます。
ま、お話が短いっていうのもあるんですけどね。

今回の小説には、ほとんどネタばれは含まれてません(ゲーム中盤まで
クリアしているのなら、全く問題ないです)ので、未クリアの方も
安心して読めると思います。

それでは、内容理解支援のためにいつも通り語句の説明から。


【ルーネス、アルクゥ、レフィア、イングズ】
大体の説明は先日書きましたので公式サイトにリンク貼っておきます。
リンクに飛んだ後「CHARACTER」をクリック! *注:音が出ます

【チョコボ】
高速で走行する黄色い鳥。鳴き声は「クェッ」。
FF世界のマスコット的存在であり、乗り物として利用されることが多い。
チョコボを利用すれば高速移動な上、魔物に襲われないので
チョコボ愛好者は多いと思われる。
*上のリンク先の「MOVIE」のプロモーションムービーで姿を鑑賞できます。

【世界一周】
小説内の子供が指す「世界」とは、実は本当の世界全体を指してはいない。
チョコボに乗れば、一周することはそう時間がかかることではない。

【チョコボの森】
チョコボが多く生息している森。
チョコボを惹きつける魅力的なものがある……かどうかは定かではない。
ただ、群れているところを見ると孤独が好きなわけではなさそうである。

【小人のパン】
アイテムとして使用すると地図表示魔法「サイトロ」と同等の効果がある。
安価で購入できるのだが、使う機会は少ない。
食べられるかどうかは定かではないが、小説内では食物として扱っている。


説明はこんな感じでしょうか?
それでは「FF3 小説 第二弾」をクリックしてみてください!

FF3 小説 第二弾
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-03 16:16 | 小説

FF3復活記念 創作小説

カテゴリに「小説」を追加しました。
今までいくつかあるのでカテゴリ作成しようかなということで。

さて。
昨日、某巨大掲示板のスレを見ていたら創作小説を書きたくなったので執筆。
まぁ、執筆というほどでもないんですけど……。

で、実際書き込んで見たところ割と評判が良かったのでブログにも記載。
え?順序が逆? 気にしない気にしない。

小説に入る前に登場人物などの簡単な説明を。
なお、ネタばれを多く含みます。クリアしていない方は注意を。


【人物・語句説明】

・クリスタル
世界の森羅万象の根源。風、火、水、土の4種がある。

・光の戦士
闇の氾濫を防ぐためにクリスタルが選んだ戦士。

・ルーネス
光の戦士の一人。
好奇心旺盛で前向きな性格の持ち主。

・アルクゥ
光の戦士の一人。ルーネスとは幼馴染。
思考は後ろ向きなところはあるが、博識ぶりは誰もが認めるところ。

・レフィア
光の戦士の一人。
容姿端麗でかなりの自信家ではあるが、根は優しい少女。

・イングズ
光の戦士の一人。
勇敢かつ、冷静沈着。4人の中ではお兄さん的存在。

・闇の世界
「くらやみのくも」が治める世界。
ルーネス達の世界を闇で覆おうとした。

・インビンシブル
天駆ける船、飛空挺の一種。古代に作られた巨大な戦艦。

・エリア
水のクリスタルを守っていた水の巫女。
魔物クラーケンの毒矢からルーネスを守るために倒れた。

・水の神殿(洞窟)
水のクリスタルが掲げられていた場所。

・シド
凄腕の飛空挺技師。ルーネス達を何度も助けてくれた。

・デッシュ
古代人の末裔。ある大事な任務を任されていたが記憶喪失になっていた。

・サラ姫
イングズが兵士を務める城の王女様。
密かにイングズに恋焦がれている。


こんな所でしょうか。
それでは、「祝!FF3復活記念小説」をクリックしてみてください。
(情景の描写を少なくするために台詞の前に名前を入れてます。
幾分未熟なものでご了承ください)

祝! FF3復活記念小説
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-01 19:12 | 小説