自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー

<   2006年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

本日の昼過ぎに結果待ちをしていた3社目から内定の電話を頂きました。
お世話になる企業を決めた後でしたので、その時に辞退しました。
こちらの企業も「では、○○で頑張ってくださいね」と仰ってくれました。

最後の最後で3つ連続の内定をいただきました。
最後の3社は、本当に選ばれた3社だったのだと感じることが出来ました。
内容的にも終わり方も充実してたのではないかなぁと思います。
これで、就職活動を終わりたいと思います。

来年、就職活動をする方に対して少しだけアドバイスとして
就職活動を通して感じたこと、教えられたことを書きたいと思います。

【筆記】
まずは、実際の問題がどのようなものかやってみることが大事です。
いきなり本番ということは避けたほうがいいと思います。
もちろん、何も対策しなくても大丈夫な人もいると思いますが、対策を
しておくに越した事はないと思います。

管理人が活用したのは、ネット上の問題や問題集ですね。
毎日就職ナビは問題も多いし、本当の試験形式でおこなう模擬試験も
あるので良いと思います。
問題集は、結構買いましたけど、それなりに役に立ったかな。
おそらく、研究室の後輩にあげます。使ってください。

あるブログで面接対策で最も効率が良いのは筆記対策だと言っていた
人がいます。なぜなら、面接の練習は、やっぱり本番の面接が一番だから。
面接に進むためには筆記に合格しなくてはならないから、です。
最初の試験で足元をすくわれないように頑張ってください。

【グループディスカッション】
まず、同じグループ内の人と仲良くなっておきましょう。
少々早めに試験会場に言って会話を楽しんでおいてください。
そうすると本番も普通のおしゃべりのようにディスカッションできます。

試験が始まったら、とりあえず発言すること。
一番初めに発言するのが一番良いかもしれませんが、そうでなくても
全然かまわないと思います。

「この意見大丈夫かな?」と思っても発言してみること。的外れな意見だと
しても、その積極性は評価されるし、その意見によってスムーズに
ディスカッションが進むかもしれませんからね。

あとは、自分の意見を言うときに
「グループメンバーの意見に対してどう思うか」を付け加えること。
賛成でも反対でもいいです。きちんと意見を参考にした意見を言うこと。

そして、最も大事なことはディスカッションを楽しむこと。
「みんなで受かるんだ」という気持ちをもって楽しく臨んでください。
これが一番大事なことだと思いました。

【面接】
面接官を好きになることが大事かなと感じました。
好きな人には、自分を好きになってもらいたいと思いますから
自分を効率よくアピールできると思います。

表情も大事だと思います。特に笑顔ですね。
真面目な表情が大事な時もありますが、笑顔もそれ以上に大事かな。
志望動機や自己PRを言うときは真面目な表情で、趣味など少しくだけた
話題の時は笑顔でいくといいいんじゃないでしょうか。

エピソードは大きなものでなくても大丈夫。

「なぜ行動しようと思ったのか」「行動するためにどうしたのか」
「苦労したこと、どうやって乗り越えたか」
「そこから何を感じたのか」「学んだことはどう活かせているのか」

このようなことを自分の言葉で語ることができればいいと思います。

そして「会話」をすることが大事だと思います。
話すことを考えていくことは大事ですが、いかにも覚えてきましたって
感じで話すのはNGです。
たどたどしくなりながらも、きちんと自分の言葉で伝えること。

大丈夫。真剣な気持ちは絶対に伝わります。
真剣な気持ちを汲み取ってくれない企業なら、むしろ断ってOKくらいの
気持ちでいけばいいです。これは間違いないはず。

だいたい、こんな感じでしょうか。あとはお礼メールも出しておくと
いいかもしれません。多少失敗しても取り戻せる可能性はあります、
人事の方だって人間ですから。
もちろん、いいかげんな気持ちで書いたら意味ないですけどね。

来年の就活生へ。

自分が納得のいく就職活動が出来るように頑張ってください。
管理人のように大したとりえがない人でも3社の内定をもらえたのです。

きっと大丈夫。
神様は頑張る人間を見捨てたりしないから。
自分の道を自分で切り開こうとする人間には力を与えてくれるから。

神は乗り越えられない試練を与えたりはしない
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-31 18:50 | 日記
本日、入社承諾書を送りました。
いろいと悩んで、結局実家に近い(とっても隣の県ですが)企業に
お世話になることにしました。

どうやら、管理人の研究室からは6人(このうち同期5人)が、この企業に
お世話になることになりそうです。
管理人の大学からは多くの学生が毎年行っているのですが、
同じ研究室から6人行くなんてことは、前にも後にもないかもしれませんね。
知人が多く行くというのも、こちらの企業を選ぶことになった理由の1つです。

ということで……

1社目の企業に内定辞退の連絡を入れました。
入社承諾書を提出した企業から、「確かに承りました」という連絡を頂いた
あとにしようかと考えもしたのですけど、やはり早めに連絡することこそが
自分に出来る、この企業に対する最後の誠意なのではないかと考え、
電話連絡させていただきました。

・先日、2社目から内定をいただいたこと
・自分なりに考え、両親の意見なども参考にしたこと
・そのうえで、2社目にお世話になることを決めたこと

を自分なりにしっかりと伝えました。
内定辞退は企業にとっても(ありえることとはいえども)なるべくしてほしくない
ことですので、少しは嫌な対応をされるかと思ってました。

でも、全くそんなことはなかったです。
やっぱり、自分が思っていた通りの素敵な企業だったと思います。
最後の最後まで。

管理人の考えを理解してくれて、これからの社会人生活を頑張って欲しいと
仰ってくれました。また、この方は高校の先輩(顔見知りではないのですけど)
だったこともあり「、またいつか会えるかもしれませんね」と仰ってくれました。

結局、行くことにはならなかった企業ですけど本当に選考試験に参加して
良かったと心から思える企業だったと思います。

ここは、ネット上で公開するというブログですので企業名をあげるのは
差し支えさせていただきますが、本当なら企業名を書きたいくらいです。
自分をしっかりと見てくれて選んでくれて、なにより自分を成長させてくれた
企業だったと思います。心からお礼を申し上げます。

ありがとうございました!

これで、就職活動はほぼ終了しました。
あと1社結果待ちです。もし内定なら電話をいただけるそうなので、その場で
断らなくてはならないので、受かってほしいような落ちててほしいような……。
そんな微妙な感じです。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-30 21:00 | 日記

内々定後のお話

というわけで、内々定をいただいた企業さんのもとにいってきました。
バスが予定時刻より遅れたので焦りましたね。といっても7分遅れなので、
もう少し余裕をもっておけよといいたいところですが。

少し走って、なんとか5分前に到着。
せっかく間に合ったのに40分くらい待たされましたが……。
まぁ、一次面接から最終選考まで1ヶ月ほど待ちましたから
慣れているといえば慣れていますけどね。

で、人事の方と1対1でお話開始。
だいたい、こういったことを言われました。

「遠いところ来て頂いたのに、お待たせして申し訳ありません。
本日は、私どもがカズさんのどういったところを評価させていただいたのかを
お話させていただきたいと思います。」

待つ時間は暇で、「早く始まらないかなぁ」と思っていたのですが、きちんと
お詫びの言葉もありましたし、帰りのバスの時間も気にしてくださっていたので
その点は良かったです。
前の面接とかが時間おしてた可能性だってありますしね。

「私たちは、真面目で何かをする時にもきちんと目標を定めて
それに向かって努力することのできる頑張りやさんというイメージを持ちました。
そして、論理的な思考をもち,考えや行動を自分の言葉できちんと
説明できる方だと思いました。
また、お話の途中で時折見せる柔らかい表情がとても好印象で、うちの常務は
「そこが気に入った!」などと言っていましたよ。
男に好かれてもあまり嬉しくないかもしれませんけれども(笑)」

やっぱり、表情(特に笑顔)は大事なんだなぁと感じました。
今まで、色々な方に言われてきましたけど面接官の方に言われて、強く認識
できましたねぇ。会話は、表情と喋りの両方が大事なんですね。

「それから、私も拝見させていただいたのですが、ご丁寧にメールまで
出していただいて。カズさんの人間性がよく出ているメールだと思いました」

やっぱり、お礼のメールも大事なんですね。人事の方だって人間だもの。
こちらの思いが強ければきっと届くんですよ。何社かお礼メールは出しましたが
この企業さんには、特に強い気持ちを込めて書いたつもりですので。
以下、最終選考終了時のメールです。

***************************************************
△△株式会社
人事部 採用ご担当者様

前略

○○大学大学院のカズと申します.
本日は,最終選考を実施していただき,ありがとうございました.

役員面接と聞いていましたので,もっと厳かな雰囲気を予想していましたが,
非常に話しやすい雰囲気を作ってくださり,本当の自分を見ていただくことが
出来たと思っています.担当していただいた面接官の方々に感謝しています.

また,今までの選考段階で様々な方と出会いました.
◎◎様には,メールでのご対応やグループワークでお世話になりました.
本日も話しかけてくださったのでリラックスして面接に望むことが出来ました.
◇◇様には,電話でのご対応や面接が始まるまでの案内などで
お世話になりました.□□様は,一次面接で私の話をよく聞いてくださり,
学生をきちんと見て選考していると感じることが出来て嬉しかったです.

その他にも説明会やグループワークで出会った全ての先輩社員の方が
魅力的であると感じました.選考試験でしたが,非常に楽しい時間を
過ごすことができたと思います.
私が選考試験の段階でお世話になった全ての人に対してお礼を
申し上げます.本当にありがとうございました.

貴社で働くことが出来るかどうかは分かりませんが,貴社に出会えたこと,
貴社の方々に出会えた事は,私にとってとても大きな出来事でした.
この事をお伝えしたく,メールを送らせていただきました.

お忙しい中,私のメールをお読みくださったことに感謝いたします.
それでは,失礼いたします.
                                               早々
***************************************************

「このような点を評価して、この企業でも必ずやっていける、
活躍できると判断し、是非入社していただきたいと思いました。
また、他社の選考状況などを考慮して早めに結論を出したほうが
よいということで早々にラブコールをおくらせて頂いた次第です」

今までは選考試験ということで、良くて対等という立場でお話をしていたので、
なんといいますか、こちらがかなり優位になっているような不思議な
感じでした。ドラフト指名された野球選手が説得されているみたいな
感じですかね?(分かりにくい例えですが)

それからは、今の状況をお伝えして迷っていることをお伝えしたところ、他社の
状況が出たら、教えてくださいと言われました。
こちらの言い分も聞いてくれましたし、お話ししてよかったです。

しばらくして、電話で内々定をお伝えしてくれた方が
「是非、帰る前にお会いしたい」
ということで、部屋に入ってきてくれました(実は、この方、管理人の高校の
先輩)素直に嬉しかったです(全員に言っているのかもしれませんけれど)

正直、他社の選考試験に全て落ちれば、間違いなくここに行くだろうなぁと
感じる話し合いでしたね。むしろ、落ちてくれたら悩まないのにと思いました。

で、帰宅したら他社からの選考試験の結果を伝える封筒が。
なんとか合格した模様です。これで2社目の内々定ですね。
おそらく受かるだろうと思っていましたが。
理由は詳しく語りませんが、以下ヒントだけ。

・自由応募と推薦応募
・筆記試験重視

迷っている気持ちもあることにはありますが、2社目のほうにお世話に
なろうかなと考えています。2社目は実家からも近いですし(といっても
そんなには変わらないかも?)
あと、両親や親戚の意見なども参考及び考慮すると、ここになりそうです。

でも、一緒に働きたいなぁと思った人達が多かったのは間違いなく昨日お話を
した企業さんなんですよね。
んー出来れば2社で働きたい(無理ですけど……)

就職活動中にお祈りメールをもらった時に、
「数社から内定もらって、企業にお祈りメールしたいなぁ」
などと言っていたのですが、今考えるととんでもないですね。
自分を評価していただいた企業に対して、辞退のお知らせをするなんて、
出来ることならしたくないです。

でも、自分の一生を決めることですからね。
きちんと結論を出してから、辞退の連絡をしたいと思います。
最後の最後まで、企業に対する誠意をもって。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-27 14:55 | 日記

一段落

今日は筆記試験&面接に行ってきました~。
これが就職活動を通してラストの選考試験かも。
もしかすると、もう一回ある可能性もありますけれども。

感想といいますか、手ごたえをちょっとだけ。
筆記試験は思ったよりも簡単でした。
(と言っても出来ているかは別問題ですが……)
専門の部分はまぁまぁ解けたと思いますが、英語が不安ですね。
英語が出るとは全く予想してなかったもので。

面接は、そうですねぇ……可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
きちんと自分の意見は伝えれたとは思うのでそこは良かったです。
途中で面接官の1人が携帯を鳴らして部屋の外に出たのが気になったと
いいますか、あまりいい気持ちがするものではないですねぇ。

「自分にはあまり興味ないのかな?」と思ってしまいます。
もちろん、大事な用事なのかもしれませんが面接の時くらい、こちらを
優先してほしかったなぁと感じましたね。

とまぁ、こんな感じの最終選考でした。これで、ほぼ就職活動終わりです!
後は内定が出た企業の中から、自分が行きたい企業を選ぶだけかな。
最初にも言ったけど、もう一回選考試験があるかもしれないけどね。
とりあえず、今は考えないでおきます。

というわけで!今まで(微妙に)封印していたゲームを買ってまいりました!
買ったのは、「ニュースーパーマリオブラザーズ」と「MOTHER3」です。

まずは、マリオをプレイ。久しぶりのアクションということもあり、
慣れを取り戻すのに少々時間がかかりましたが、やっぱり面白いですねぇ。
先ほどまで、少しの休憩を挟みながらずっとプレイしてました。

一段落(一応クリア)したので、続きはまた明日やろうと思います。
まぁ、クリアといっても全然やってないワールドもありますし、
まだまだ楽しめそうですね。

明日は、内々定をいただいた企業さんとのお話もありますし、睡眠はきちんと
とっておかないとね。選考試験ではないので、気はすごく楽ですけど。
ではでは、おやすみなさいませ。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-26 03:49 | 日記

浮気度チェック

面白そうなので、浮気度チェックやってみましたー。
浮気する相手もいませんけどね。結果は以下の通り。

***********************************************
ズバリ!! あなたが最後までしてしまう浮気人数(概算)は、4人です。
あなたが生涯費やす浮気費用はは、203060円です。
この費用であなた(達)は、こんな事をしてしまうようです。

あなたは、一生の間に、浮気の相手と「ディナーに誘う」を、3回
してしまうようです。しかも、もう2回行ってしまっているようです。
あなたは、一生の間に、浮気の相手と「映画に誘う」を、4回
してしまうようです。しかも、もう3回行ってしまっているようです。
あなたは、一生の間に、浮気の相手と「ショッピングに出かける」を、
5回会ってしまうようです。もう既に3回は、どこかで会っているようです。

誠に勝手ではありますが、もう少し、あなたについて
分析させていただきました。 

あなたの優柔不断度は「85 オロオロ」です。
押されると嫌とは言えないあなたは、恋愛も受け身になりがちです。
まぁ、相手がいいって言うんだから、いいんでしょうか。

あなたのH指数は、「71 えっち」です。
あなたは、実は意識していないところでかなりエッチです(笑)。
興味ありありです(笑)?いいんです、正直に生きましょう(笑)

あなたの誠実さは「77 しっかり」です。
あなたはかなり誠実な方のようです。
逆に言うと、相手には物足りなく映ってしまうかも知れません。
実は「浮気され度」が 77% だったりします。ご用心!!

あなたの浮気したい指数は、「55 ふわふわ」です。
あなたは、バランスのとれた感覚の持ち主のようです。
普通に人とつき合ったり、別れたりはしますが、二股関係になることは
少ないようです。可能性はあり(笑)

あなたの度胸指数は、「52 ドキドキ」です。
人並みの自信と度胸を持っているようです。
わざわざ二股の状況を自分で作るようなことはないようです。

浮気したい!度とあなたの心から、こんな事がわかってしまいます
あなたは、多少浮気に興味がありそうですが、そのまま家庭を
大事にした方がよいようです。でもチャンスはありそうですよ(笑) 
どうします?

あなたにとっての浮気とは、
2人でお茶する、食事をする(ランチまで) 
う、うつくしい。

あなたが出来る浮気の範囲は、このくらいのようです。
2人でボーリング。 これでもうドキドキでしょう。 
無理してすることもありませんが(笑)
***********************************************

<感想>
とりあえず、過去の浮気は全然間違ってます。物理的に無理。

「85 オロオロ」……いい線いってる!オロオロタイプなので、多分。
「71 えっち」……まぁ、こんなものかな。本当は、もっと上かな。
「77 しっかり」……これは高すぎ。もっと低いでしょう。
「52 ドキドキ」……平均的ですね。こんなものかな。

出来る浮気は、2人でボーリングかぁ。
この位なら許してくれるんじゃないの?なんとなくそういう風に思いますが、
実際のところは経験ないので分かりません。あしからず。

生涯で浮気する人数が4人ということですので、まだ4人残ってますね。
そこの貴方、今がチャンスですよ(謎)
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-24 16:50 | 日記

無い内定から内々定へ

昨日のブログにも書いたとおり、午前9時過ぎに電話しました。
ワンコールで出られたのでちょっと驚きましたね。
こんな感じでした。

管理人:「○○大学のカズと申します」
担当者:「おはようございます!昨日のお電話の件ですね?」
管理人:「はい」
担当者:「先日は最終選考にお越しいただいてありがとうございました。
     是非、カズさんには我が社で働いていただきたいと思います」
管理人:「ありがとうございます」
担当者:「(他社選考を考慮して)今のお気持ちはどうでしょうか?」
管理人:「地元の企業で働きたいという気持ちもやはりあります」

とまぁ、素直に答えてしまいました。やっぱり嘘はつけませんでした。
ここで嘘ついても仕方ないしね。すると、

「私たちがカズさんのどんなところを評価したのかについてお話したいので
もう一度、こちらに来てもらってもいいですか?」

と仰られました。しかし、少し話を進めているうちに、来てもらうのには
時間がかかるということを考慮して下さり、

「期限を設けてお電話で結論をお聞かせくださっても構いません」と

仰ってくれました。本当に学生のことを考えてくれる企業だなと思いましたね。
最初はお言葉に甘えて、5月中に電話するということで話を進めてたのですが

最終までお付き合いしてくれて、最後もきちんと相手に対する思いやりの
気持ちを忘れていない企業に対しては、やはり自分も最大限の敬意を
表すべきではないのか?


という気持ちが生まれまして、やはりもう一度訪問することにしました。
いい人達ばかりだと感じていますし、このまま電話で終わることになったら
申しわけないという気持ちもありました。

もちろん、自分のどのような点が評価されたのかも気になりましたしね。
ということで、今週の金曜日にまた往復5時間ほどかけていってきます。
確かにお金もかかりますけど、お金じゃ買えないもののために行くんです。

自分で働いたお金じゃないのにこんな事を言うのは、おこがましいですけど
それでもやっぱり、このまま電話で終わりたくはない企業でしたので。
また、このことによって更に情が沸き、迷うことになるかもしれませんけれど。

さて、どうやら内々定をいただけたようなので、先日感じた手ごたえは
間違っていなかったということになりますね。
では、最終面接がどんな感じだったのかをちょっとだけ紹介します。
ちょっと言い回しが違うところもあると思いますが、だいたいの感じです。

【抜粋A】

面接官:「情報処理系の資格をとったのは、大学の勉学の延長なの?」
*管理人は、情報工学を専攻しております
管理人:「そうですね、自分が大学で学んだことがきちんと身について
      いるのかを確かめてみたいと思いました。
      また、社会に出れば自分にどの程度の力があるのかを口だけで
      言っても信用してくれないと思います。」
面接官:「うん、確かにそうだね」
管理人:「ですから、自分の力がきちんとあるということを証明するために
      時間のとれる学生時代に、この資格を取ろうと思いました」

この場面では、自分の行動を起こした動機やそれに向けての努力を語れた
と思います。エピソード自体は大したものでなくても、気持ちや取り組み方が
大事であると自分では思っていますし、そこを評価していただけたのかな。

【抜粋B】

面接官:「SE(システムエンジニア)には、社内SEなど、メーカー系でも
      必要とされていますが、どうして(ソリューション事業の多い)
      我が社を選んだのですか?」
*ソリューションとは、主に企業を顧客として問題解決のためのシステムを
 提案、構築すること
管理人:「メーカー系で必要とされているSEは、主に社内のシステムを開発
      したり、その企業のハードに組み込むソフトウェアのみを作成します。
      御社のようにソリューション事業をおこなっている企業ならば、様々な
      企業の方と出会えますし、より多くのシステム開発をおこなえると
      思っておりますので、志望させていただきました」
面接官:「確かに、それはカズ君の認識は正しいですね。
      我が社のように~(以下、企業さんの説明)」

この場面では、なぜその企業を選んだのかを他社の事業と比較して、きちんと
(自分なりにですが)述べられたと思います。もちろん、稚拙な説明ですが、
最後まで自分の考えが説明できたということが評価されたのかな。

【抜粋C】

面接官:「カズ君の面白いところは、どんな所だと思いますか?」
管理人:「(少し間を置いて)
      「この人は、自分がこういった事を言えばきっと
      笑ってくれるだろうなぁ」ということが直感的に分かるという
      ところでしょうか。少し抽象的な説明なのですが」
面接官:「なるほど」

(他の話題を挟んで)

面接官:「カズ君は、女性は得意ですか?」
管理人:「そうですねぇ……。あまり得意ではないかもしれません」
面接官:「我が社は女性の比率が多いですけど、大丈夫ですか?」
管理人:「ええ、まぁ。女性が得意というわけではないのですが……
      苦手というわけでもありませんので」

(面接官、(多分)3人とも笑ってくれました)

管理人:「ですので、そこはなんとか上手くやっていけるのではないかと」

(面接官につられて管理人も笑顔に)

面接官:「うん、カズ君は今の顔のほうがいいね。今までは、真面目な院生と
      いうイメージしかなかったけど、違った一面を持っていることが
      分かったよ。もし、他社の面接試験にいっても笑顔でいたほうが
      いいと思いますよ」

この場面では、「自分の面白いところ」を相手に説明した上で、その後の
会話でそれを証明できたことが大きかったのではないかと思っています。
また、「真面目である」という一面以外に「面白い人だ」というイメージを
与えることが出来たので、一緒に働いてみたい人物だと思っていただけたの
ではないでしょうか?ただ正直、「もし、他社の~」は死亡フラグかと思ってしまいましたが、どうやら取り越し苦労だったようです。


と、まぁこんな感じですね。面接で大事なのはやっぱり表情と自分の気持ちを
素直に話すこと。そして、「会話」を楽しむことだと思いました。
以下は、ネット上で見た面接官の意見なのですが、

「私は、学生達が用意してきた文章を聞きたいのではない。
学生達と「会話」を楽しみたいのですよ」


今回の面接を通して、この意見が身にしみて分かりました。
実際、面接が終わった後の感想は「楽しかった、もっと話してみたい」
でしたから。面接官の方もそう思ってくださっているといいのですけれど。

面接官の方が、自分を一緒に働く新卒として選んでくださったのですから、
少なからずともそう思っても構いませんよね?

今回のことは大きな自信に繋がりました。
今後の就職活動でも、就職活動が終わってもきっと自分にとって必要な能力を
身につけることができたのではないかなぁと思っています。

このブログを最後まで読んでくれた方へ。

長文を最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
来年以降、就職活動を受ける方の参考になっていれば幸いです。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-23 12:38 | 思ふこと
金曜日に受けてきた会社から、午後8時頃電話がありました。
厳密にいうと伝言メモが入ってました(電話に気づかなかった……)

「お伝えしたいことがございます。お電話ください」

キタ?内定キタコレ!?
よし!さっそく電話だー!と思ったのですが、気づいたのが午後10時……。

就職活動中に「行動は早いほうがいい」と学びましたが、流石にこれは
遅すぎるだろうってことで明日の朝に電話することにしました。
担当の人、帰っている可能性も高いですしね。

これで落ちてたらかなり凹みますけど。
でも、最終選考受けて3日後(土日はさむ)に電話かかってきて
不合格通知はないと信じたいのですが……。

もし、内定をいただけたとして話を進めます。

ただ、少々迷いもあります。だいたい決めてはいるんですけど。
この会社、すごく社風が良さそうです。選考段階で会う人会う人
皆いい人だなぁと感じることができました。

ただ、本社が大阪と東京ということで、地方住まいの管理人にとっては
実家からはかなり遠くに離れることになるのですよ。
そして、転勤もやっぱり多いでしょうし。
我侭だとも思うのですが、やはり出来れば転勤はないほうがいいです。

なので、現在受けている地元(実家の隣の県で現在の大学のある県)の
企業に受かったらそちらにお世話になろうかなぁと考えています。
こちらは、ほとんど(ほぼ100%)転勤はないので。

やりたい仕事で選ぶよりも勤務地で選んでしまいそうです。
もちろん、地元の企業がやりたくない仕事ってわけでもないのですけれども。

あと、断るとしたら人事の方にもうしわけないなぁという気持ちは多いです。
特にこの企業さんは、こちらのメールに対してもきちんと対応してくれましたし、
本当、いい人達だなぁって思ってます。心からそう思いますね。
ああ、この企業が地元企業だったら良かったのになぁ……。

と、まだ(1社も)内定もらってないのに色々話してますが、今の素直な気持ち
なのでご容赦くださいませ。
明日は、良い内容のブログが書けたらいいな~。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-22 22:44 | 日記
今日は年に一度のソフトボール大会。
正直、体調はそれほど良くなかったのですが出るからには勝ちたい。
そういう思いで試合に臨みました。

2面のコート(ダイヤモンド)でソフトボールをするつもりだったのですが、
雨のために片方が使えなくなってました。
ということで、急きょ敗者復活戦は無しということに。
つまり、負けたらそこで終わり!という展開で幕は開けたのです。

【1試合目】
最初の試合ということで、皆固かったですね。
1つのエラーから次のエラーへ、そしてまた次の……
ということで、結局1回表に7点か8点取られました。
ただ、管理人がセカンドライナーをきちんと処理して流れを作った……はず。
まぁ、自画自賛かもしれませんが。
そこから、打線爆発。結局3回で同点に。時間の都合上、チームから
5人ずつ選出して、ジャンケンで勝利チームを決定することに。
4人目で3勝1敗となり、なんとか2試合目へ!
ちなみに、この試合の個人成績は1打数1安打1四球でした。

【2試合目】
1試合目の勝ち方が勢いのつく勝ち方だったのか分かりませんが、
特に苦労することなく勝利!(詳細は忘れました……)
ちなみに、この試合の個人成績は2打数1安打かな、多分。

【準決勝】
振り返ってみるとこの試合が一番楽だったような気がするかも。
最終回で同点にはされたものの、結局大差をつけて勝利!
この試合ではヒットは打てませんでした。多分。

【決勝】
さすがに決勝ともなると試合もなかなかしまってます。
エラーもそれほど多くなく(多少はあったかも)どんどんと試合は進み、
結局9対3で勝利!
この試合は3打数2安打(2安打とも左うち)

というわけで、結果は優勝!でした。
去年も優勝しているので2年連続ですね。一昨年が準優勝だったのが
悔やまれますが、それがあったから成し遂げられたのかもしれません。

やっぱりチームスポーツはいいです、大好きです。
1人が失敗しても他の人がカバーできる。嬉しさは皆で味わえる。
なかなかこういった機会はないので、今日は良い一日でした。

ちなみに管理人の個人成績は、8(9?)打数4安打1四球でした。
もともと野球部とはいえ、ブランクもありますしこんなものでしょう。
長打がなかったのがちょっと寂しいところ。

優勝したので、商品として居酒屋の金券ゲット!
今週の金曜日あたりに飲み会があるかもしれません。
ほとんどお金払わず飲み会に参加できるので嬉しいかも。

さて、明日からは最終面接&試験に向けて対策をしなければ。
あ、でも面接は最低限の対策(志望動機とか自己PRとか)をして
あとは自然体で臨んだほうがいいかも、などとちょっと思っています。
その企業に行くとしても行かないとしても経験は必ず自分を成長させることが
出来ると確信していますので、頑張ってきます。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-21 21:18 | 日記
*タイトルは「♪もうすぐ春(は~る)ですね~」の音程で読んでください

今日は、来るべき夏に向けてエアコンと扇風機のお掃除。
半年間(扇風機に至ってはもっと)放っておくと、ホコリがすごいね……。
本当なら定期的なお掃除が必要なのでしょうけど、

「不器用ですから」(高倉健さんっぽく)

というわけで、ホコリ取り&水洗いを行ないました。
まだつけませんけど、暑くなってからやるのは遅いですし、
何より、暑くてそんなことはしたくない! と思うに違いない。

そんな考えのもと、涼しいうちに済ましておきました。
何事も早く済ませておくっていうのはいいよね、うん。

で、今日は筆記試験に向けて勉強するつもりだったのですが、全く進まず。
んー駄目駄目だ。今から少しだけでもやろうかな。
「専門試験」(多分)ということしか分かってないから範囲広すぎるなぁ。
とりあえず、基本情報技術者試験の勉強でもやっておこうかな。

そうそう、明日はソフトボール大会。
楽しめたらいいな。そして勝てたらもっといいな。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-20 23:21 | 日記

怒涛の一週間終了

というわけで4社まわってきました。疲れたー。
そして、お祈りメールが3日連続キター。……ほんと疲れた。

説明しよう!

「お祈りメール」とは、
「慎重に選考した結果、貴方の希望に沿うことは出来ませんでした。
これからの貴方の就職活動の成功をお祈りしています」
という内容のメールであり、就職活動中の学生にとっては
絶対に見たくない恐怖のメールなのだ。

うん、そういうことです。はい。まぁ仕方ないですね。
自分の失敗もあったし、ご縁がなかったということでしょう。

でも、今日の面接は上手くいったんじゃないかなぁと思ってます。
うん、今までの面接の中でもベストなんじゃないかな。
もう、これで落ちてたら本当にご縁がないというか、相性がないとしか
言いようがないです。

なんてことを書いていて落ちてたらいやなので、面接内容までは
書きません。受かってたら書こうかな(結局書くかもしれませんが)

そうそう、今日は面接と共に小論文もあったのです。
ですから、面接内容の代わりに小論文の内容を書きます。
お題は

「これから社会人になる上で、自分の考え方に良くも悪くも
影響を与えた人、出来事」

 「ご縁のある企業に決まると思いますから、普段の自分を見せるように
すればいいと思います。頑張ってくださいね」
私は、ブログを作成しており日々のことやニュースを書いています。
この言葉は、私が就職に対する不安や迷いを書いたときにつけられた
コメントです。私は、このコメントで大きく気持ちを変える事が出来、
面接では普段の自分を見せられるようになったと思います。
 私を選んでくださる企業は、本当の私を理解してくれた上で選んで下さって
いると思いますので、入社に対する不安は一切ありません。また、与えられた
仕事や役割も「彼なら出来る」と思って与えてくださったものでしょうから、
精一杯努力したいと思っています。
 私は、名前も顔も知らない方の書き込みによって大きく成長出来ました。
見ず知らずの私に、こんなにも暖かい言葉をかけて下さった方に、
私は感謝の念を抱かずにはいられません。また、私もこの人のように
相手の気持ちを理解できる社会人になりたいと思います。

制限時間10分でしたので、文量はこれくらいでした。
でも、書きたいことは書けたと思いますね。
結果は来週の金曜までらしいですけど、どうなるでしょうか~。
楽しみ且つ不安。いやいや、楽しみ(が)勝つ不安(に)、かな。


*****************************************************
不定期連載
 
「現在の弾数(選考企業が何社残っているか)」

残り3社。(ここではA社、B社、C社)と書きます。

A社。結果待ち状態。あと選考一回?もしかしたら、この前のが最終かも。
B社。結果待ち状態。選考は全て終了しました。結果は神(人事)のみぞ知る。
C社。来週が最終選考。筆記試験の勉強頑張らないとなぁ。

残ったのが3社ではなくて、選ばれた3社だと考えます。
あくまでポジティブにね。
*****************************************************
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-19 22:43 | 日記