自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:思ふこと( 35 )

本日のブログは少々長くなりそうだ。
まず、ゲーマーという言葉から始めたい。

<Wikipediaより引用>
ゲーマー(gamer)とは、ゲームを趣味とする愛好家、または
ゲームをプレイすることにより、何らかの利益を得ている者たちの呼称。


この意味をとれば管理人は当然ゲーマーにあたると思う。年間数十本の
ゲームを購入し、そのほとんどをクリアまでプレイしているのだから。

ただ、最近どうもゲーマーと呼ばれることに違和感を感じる。
(実生活でそういう風に呼ばれることは稀なのではあるが)

そこで、今年購入したソフトタイトルを挙げてみることにする。
ちなみに略称になるけれども見てくれている方はゲーム好きとして
話を進めさせていただくのでご容赦いただきたい。

【DSタイトル】
応援団、応援団2、レイトン教授、ヨッシーアイランドチョコボ
もっと英語漬け、逆転裁判4、世界樹の迷宮、カドゥケウス
ゼルダの伝説、いただきストリート、魔女しんぱん、ウィッシュルーム
株トレーダー瞬

【Wiiタイトル】
ドラゴンボールスパーキング、ペーパーマリオやわらかあたまじゅく
ドラクエソード、パワプロ

【PSPタイトル】
FFタクティクス

【PS2タイトル】
オーディンスフィア

今年は半分しか過ぎていないのに多いなというのはさておき、だ。
赤字になっているのがいわゆる主にライト層向けだと思われるソフトである。
(管理人の独断と偏見であるけれども)
購入ソフトのおよそ3分の1がそれにあたる。

また、それ以外のソフトで考えてもヘビー層向けのソフト
(いわゆるやりこみがいがあるソフトという意味である)となると
世界樹の迷宮、カドゥケウス、FFタクティクス、オーディンスフィアくらいしか
思いつかない。準ソフトとして応援団シリーズくらいだ。

いわゆるヘビーユーザー向けのソフトを主に購入している人。
それが管理人が思うゲーマーである。イメージに過ぎないけれども。
そういう点で考えると管理人はゲーマーではなく、ゲーム好きという言葉が
妥当であると考える。
あえてゲーマーという言葉を使うとすればライトゲーマー、か。

これだけゲームをプレイしてゲーマーじゃないのはありえない、という声も
あるだろうが、ここで論じたいのはゲーマーの定義ではないので
その類のお話はまた別の機会にしたいと思う。

話を戻そう。

管理人はかつてゲームセンターで格闘ゲームにはまっていたこともあるし、
シューティングゲームに何千円とつぎ込んだかは覚えていない。
その頃ならば、ゲーマーと呼ばれても違和感はなかったのかもしれない。
ただ、今の状況でゲーマーと呼ばれるのは少々違和感がある。

本日の論点のポイントは「何故こうなったのか」である。

かつてゲーム業界は黄金時代を迎えていた。
ファミリーコンピュータ、そしてSFC時代。
様々なソフトがあらわれ、私達を魅了してきた。

時は流れ、ゲーム人口は減少の一路を辿る。

ゲームが娯楽である限り、どうしても人の飽きとは永遠に戦う必要がある。
人の想像力に限りがあるとは思わないが、限界に近づいてきたのであろう。

奇抜なアイデアが出せない → 人を楽しませるソフトが作れない
→ 売れた続編に頼る(一部のコア層の要望を満たしたソフトを作る)
→ 売り上げが減る(ことが多い) → 開発資金が得られない → ……


ゲーム業界は悪循環から抜け出せなくなっていた。
そんな中、「このままではいけない」と立ち上がったのが任天堂であり
生まれてきた本体がDS、Wiiである。

ゲーム人口を増やさなければならない、ゲーム市場を拡大するのだ

その意識で生み出されたタッチペン、Wiiリモコン。
皆が普段から使うペンやリモコンと同じように扱えるもの。
つまり、ゲーム初心者でも同じように楽しめる新デバイスの誕生である。

効果は絶大であったのは今更語るまでもない。
今までゲームに全く興味がなかったライト層を見事に取り込んだ。
ゲーム人口拡大に成功したと胸を張って言える。

ただ、今のままでは危険性もある。

最初に挙げたように管理人の購入したソフトにはライト層向けソフトが多い。
ここで発想を逆転させてみよう。

「購入したソフトにライト向けソフトが多かった」のではなく
「売っているソフトにライト層向けのソフトが多かったから購入した割合が高い」
だとしたらどうだろう。

どうだろう、というのは少々おかしな言い方か。
実際、現在のゲーム市場はそうなっているのだ。
もちろん、XBoxを代表としてゲーマーを満足させるソフトも出ているのだが。

管理人もXBoxのソフトのなかで興味があったものもある。
ただ、どうしてもその1本、2本のためだけに購入という形は取れなかった。
それ以後、そのハードに供給されるソフトはあるのか?と考えてしまう。

そういった意味でDSやWiiは強い。
多くのメーカーが参戦し、週に数本のソフトが世に出ている。

しかし、忘れてはいけない。
最初に言った通り、人間は飽きる動物である。
ライト層の人達も同じようなソフトばかりならば、いつか必ず飽きる。

ライト層を取り込んだことで満足してはいけない。
娯楽産業は現状に満足してはならない。
次の段階へ進むことが必要なのだと思う。

次の段階が「ライト層をヘビー層に移住させること(ヘビーユーザ向けの
ソフトでも楽しませること)」なのか、それとも全く未知の段階があるのか。
それは管理人には分からない。
ただし、進む必要がある。これだけは確かなはずだ。

先日、任天堂がWii Fitを発表した。
おそらくヒットするだろう、管理人も購入を考えている。

果たしてこれが「ライト層を取り込む段階」なのか
それとも、「次の段階へ進むための布石」になるのか。


願わくばもう一度味わいたいものだ。

初めてマリオをプレイした時の感動を。
初めてFFやDQで冒険した時のワクワクする気持ちを。
初めてストⅡで敵を倒した時の爽快感を。



断っておくが、管理人は今の状況を楽しんでいないわけではない。
ただ、このままいってまた同じ道を辿ることが怖いだけである。

だから思う。
今は次の段階へ移るための準備段階の時期なのだ。
そして信じる。
感動は再び味わえるのだ、と。
[PR]
by kazuyuna | 2007-07-23 22:31 | 思ふこと
ドラクエソードの発売日(の前日)でしたね、今日。
管理人の住んでいる地域はフライング発売されるので入手可能です。
本日、入社以来初めての有休をとりました。

ドラクエとは関係なく身内に不幸があったもので。
というわけで、昨日の時点で有休をとることは決定したのですが

いつ帰ってくる? or いつまでいる?

という家族の質問に少々考える自分がいました。
状況的には、葬式前日(昨日)の通夜から帰ることは十分可能という状況。
(汽車少ないし、大雨だったけれども)

そして、当日は葬式のあと、火葬、拾骨、初七日全てに出ることも
時間的には可能でした(次の日、疲れてるかもしれませんが)

自分がお世話になっていた人の葬式です。
自分の時間の許す限り出席するべきだと思います。
出席したから何がどうなるというものではないですが。

でもね、正直言うと迷っていた自分がいたわけですよ。
「自分の時間が削られるなぁ」という考えを持ってね。
もっと簡単に言うと葬式とゲームなどの趣味の時間を天秤にかける自分が。

もうね、情けない。なんという小さい人間だと。

結果的に通夜も参加したし(2時間弱ですが)、初七日も出ました。
でもね、そんなの関係ないと。

少しでも迷ったことが恥ずかしいし、情けない。
今なら「走れメロス」のセリヌンティウス(メロスの親友)の気分が分かりますよ。
一度でも悩んだ自分が許せない、殴れと。

そりゃあ、今日のゲームを楽しみにしてましたよ。
でもね、自分の趣味と(大げさに言えば)人の命を比較するなんてねぇ……。
自分はこんなにも弱かったのかと再認識できましたよ。

結果的には後悔しないほうを選択できたと思っておりますが。

もし、何よりもゲーム優先というのが世間でいうゲーマーだと言うのなら。
また、その状況でゲームを楽しめるのがゲーマーだと言うのなら。
管理人はゲーマーじゃないと思う。そして、ゲーマーじゃなくて構わない。
そんなゲーマーなどこちらから願い下げだ。

P.S
 とはいうもののドラクエソードは購入しました。
 汽車が到着したのが店の閉まる10分前くらいだったからギリギリでした。
 自分の後悔しない道を選んで結局したい事も出来るのだから大満足ですよ。
 (まだプレイしてませんが)
[PR]
by kazuyuna | 2007-07-11 21:26 | 思ふこと

ただいま

人の居ない部屋に声がこだまする。
気づけば虫の声にかき消された声……。

というわけで、研究室の飲み会から帰ってきたよ。
明日は6時起きだけど、なんとなくブログ更新してみる。

以下、日記。

JR(特急)+タクシーというゴールデンペアで研究室まで行ったんで
本日の飲み会代より運賃のほうがかかっていた罠。

昨日の約束通り2時半前くらいに到着して
少ししてからDSのいたストやってました。

1回目は後輩1人と、2回目は後輩2人と。
結果は3位と1位だったけど、結果関係なしに面白いわ、やっぱ。
もちろんWiFiも面白いんだけど、話しながらプレイするとまた違った
面白さがあるよね、うん。やっぱ最高のボードゲームかもしれないな。

いたストが終わって飲み会までちょっとだけ時間あったんで
「お金あったら何に使うよ?」ってことを後輩達と話してました。

で、管理人の考えとしてはこんな感じ(一般的に使うだろうなというのを例に)

【家】
とりあえず、今は興味ないかな。

【車】
あったら便利なんだろうけど、今は(というかお金あっても)買う気なし。

【自転車、原チャリ】
原チャリは特にいらないけど、自転車は快適なのが欲しいかもしれない。
ま、買ったばかりなんですけどね。

【旅行】
うーん、知り合いといったら楽しいかもしれないけど積極的には
行かないだろうねぇ。あ、一人旅は興味ないです。
行く場所としては、某国と某国と某国は論外の方向で。

【TV】
これは買いたいかも。冬のボーナス候補の一番手。

【酒、タバコ】
どっちもしない。酒は飲み会くらい。多分買ってまで飲まない。

【女性関係(結婚含む)】
結婚の予定なし。付き合う予定もなし。出会う機会もほぼなし。
それに何といっても消極的な管理人、これではお金がいるはずもない。
というか、あれだ。劣性遺伝子は後生に残すべきではない、くらいの勢いだ。
っていったら先祖に失礼だが、突然変異ってことで勘弁してほしい。

【風俗】
興味ないことはないけど、お金払ってまでは行かないだろうね。
そんなに行きたいとも思わない。

【ゲーム、漫画】
結局、このくらいだろうね。でも時間に限りがあるわけだからガンガン買ったりは
しないと思うわけですよ。そりゃ、今よりは増えるかもしれないけど。

【合コンとか】
行ったことないし、行く予定もないねぇ。
行っても相手につまらない思いさせそうだし、うん。

【ギャンブル】
全く興味なし。特にパチンコは消えてなくなってほしいくらいに思う。
宝くじくらいは買うかな。ギャンブルだよね、一応。

というわけで、結局自転車(10万)とTV(20万)とゲーム、漫画代が
増えるくらいじゃないの?って考えが結論。なんてお金のかからない子。

とまぁ、そんなこんなで飲み会が始まる時間に。

いやぁ、会社で行った飲み会とは全然違うわ。
簡単にまとめると面白かった。

相手のことを深く知ってるし、相手も深く知ってくれている。
それだけで全然話の弾み方が違うわ。
というか、そうでないと話を弾ませない自分に問題があるのかもしれんが。

楽しかったからか、いつもよりハイペースで飲んでちとフラフラに。
飲み会の終わりで後輩2人と腕相撲したけど(といってもちょっとの間だけね)
あの短時間で管理人を倒せんようでは話にならんよ、出直してまいれ。

飲み会が終わってからは2次会のカラオケに。

今日、朝からボランティアなんで管理人は2時間弱で出てきたよ。
歌った曲は4~5曲かな。お酒のせいで結構しんどかったわ。
料金は1人1000円くらいだったらしいんだけど、少し多めに払って出てきた。

M2には2年間、M1には1年間か。
先輩としては、だらしないところとか情けないところばっかり見せてたからなぁ。
今日だけはかっこつけさせてもらったよ。

といっても、格好つける方法がお金なのが何とも情けない話なわけだが(笑)
ま、不器用なんでそのくらいしか思い浮かばなかったってことで。

とまぁこんな感じかな。
うん、やっぱり研究室の飲み会のほうが数倍以上楽しいわ。
つくづく良い人達とめぐり合えて良かったと思う。

研究室で過ごした時間は無駄じゃなかった。
今なら胸を張ってそう言える。
[PR]
by kazuyuna | 2007-07-01 01:11 | 思ふこと

本当は怖い家庭の医学

嫌なことがあった時や悲しいことがあった時
誰でも一度は言ったことあるかもしれませんね。

「ストレスたまるわ~」

ただ、嬉しいことに対してもストレスって溜まるのをご存知ですか?
例えば大学入学、楽しみにしていた一人暮らし などなど。

それは、なぜか?

ストレスとは「環境に適応しようとする力なので」というのが答です。
環境が変わることであれば、それが悲しいことに対しても嬉しいことに対しても
その人にとってストレスになるんだそうです。

で、何が言いたいのかと言いますと。

管理人、働く場所(内容)がまた変わるらしいですわ……。
しかも、今度は課も違うときてる。

短期間に何度変わればいいんだと。
せっかく慣れてきた(というにはおこがましいが)のに、また最初から覚えなおし。
何度同じ経験をすればいいのか。

とはいっても、研修なので今の課に戻ってはくるんですけどね。
短くても1ヶ月、最長で2ヶ月らしいです。

研修の理由も納得できるし、多くの経験を積めるってのはいいことだと思う。
ただ、いかんせん変わりすぎじゃないですか?
会社の方針もあるだろうし、新人なので仕方ないかもしれませんが。

来月からは7時15分出勤(実際は7時過ぎ)なので生活も変わります。
早く寝られるようにしておかないとな、今以上に。
それに人間関係もまた一からやり直しってのがこたえますな。
ただでさえ打ち解けるのが遅いのに。環境変わりすぎはきついですわ。

ま、そんなわけで変わらない環境(自分のアパート)は安心ですよ。
変わっていくのはゲーム数だけってね。

さて、買ってきたいたストでもプレイしてみるかな~。
(さすがに「いたスト」+「マリオ」というゴールデンコンビなので普通に買えた)
[PR]
by kazuyuna | 2007-06-20 18:13 | 思ふこと

人の暖かさ 素晴らしさ

先日の続きみたいになります。

とりあえず、カード会社の審査は通りました。
まだ契約書類作成は行っていませんが、これでほぼ決定です。
……前回もほぼって言ってたなぁ……。

結局、保証人は母ではなく叔父に頼むことに。
母は自営業ですが、勤め人のほうがいいという要求が。
うーん、別にいいんじゃないの?って個人的に思うのですが
借りる立場なので素直に従い、叔父に頼むことにしました。

直接頼んだのは母ですが

「○○(管理人)については特に心配してないけど
盗難とか紛失とかした時が心配やな」

と言われました。そりゃそうです、はい。
管理人だって、自分の子供(いないけど)以外の保障人になると
考えてしまいますからね。
信頼うんぬんではなく、何が起きるか分からないですし、今の世の中。

最終的に了承してくれた叔父には心から感謝しています。
お世話になりっぱなしなので、いつか恩返ししたいです。

自分の気持ちとしてはクレジットカードを家賃以外で使う気は一切ないです。
ずっと家の中に置いておく予定。あるいは叔父に送ることも考えています。
そうしたほうが安心だと仰るなら喜んでそうします。

管理人は自分のミスで他人に迷惑をかけることが嫌いです。
……まぁ、好きな方はそういらっしゃらないでしょうけど。
場合によっては、他人のミスで自分に迷惑がかかることよりも嫌いです。

今の部屋を借りられたのは母や叔父の協力があってのものです。

自分で働いたお金で借りた部屋なんだから、自分の好きにしていいんじゃ!

という気持ちだけはもたないように過ごしていきたいと思います。

今回の件について、部屋探しについてアドバイスをくれた方(ブログ含む)、
母、叔父を始めとして協力してくれた家族に心から感謝します。

本当にありがとうございました。
まだまだ頼りない新木ですが、与えられた信頼という水を糧に必ず立派な
大樹に成長してみせますので、暖かく見守っていただけると幸いです。
[PR]
by kazuyuna | 2007-01-26 03:32 | 思ふこと

早朝の更新

昨日、今日と2日続けてのセンター試験ですね。
大学がセンター試験のために使われるこの時期になると
管理人が受験した頃を思い出します。

一年浪人しているので、センター試験は二度受けています。
どちらの年とも本番が最も高得点(大した点ではないですけど)で
「自分は本番に強い」なんて言ってましたっけ。

もうあれから6年経つんですね。
時の流れなんてあっという間です。

人に与えられた時間は有限なので大事にしたいと思いつつ
だらだらと過ごしてしまうことがあります。
今もなんとなく研究室にいるだけだったりしますし。

ただ、「無駄な時間を過ごしてしまった」とか
「今度からは気をつけよう」と思うのであれば
無駄ではなかったのかなと思ったり。

結論から言うと……

実際、その時間が無駄であったとしてもそうでなかったとしても
「あれは無駄ではなく今に繋がる大事な時間だったんだ」と思えば
後の行動を効率的にこなせると思うのでプラス思考でいこうと思います。
[PR]
by kazuyuna | 2007-01-21 08:29 | 思ふこと

早朝の更新

昨日、今日と2日続けてのセンター試験ですね。
大学がセンター試験のために使われるこの時期になると
管理人が受験した頃を思い出します。

一年浪人しているので、センター試験は二度受けています。
どちらの年とも本番が最も高得点(大した点ではないですけど)で
「自分は本番に強い」なんて言ってましたっけ。

もうあれから6年経つんですね。
時の流れなんてあっという間です。

人に与えられた時間は有限なので大事にしたいと思いつつ
だらだらと過ごしてしまうことがあります。
今もなんとなく研究室にいるだけだったりしますし。

ただ、「無駄な時間を過ごしてしまった」とか「今度からは気をつけよう」と
自分の行動を省みることが出来るならば無駄ではなかったのかなと思ったり。

結論から言うと……

実際、その時間が無駄であったとしてもそうでなかったとしても
「あれは無駄ではなく今に繋がる大事な時間だったんだ」と思えば
後の行動を効率的にこなせると思うのでプラス思考でいこうと思います。
[PR]
by kazuyuna | 2007-01-21 08:29 | 思ふこと

愚痴日記……になる予定

*今回の内容は読んでいて気持ちの良くなるものではないですので
 読まないほうが良いかもしれません。あしからず。

さて、3日ぶりの日記になるんですね。
特に忙しかったわけではなく、なんとなくモチベーションが上がらなかったので。
ブログだけでなく中間発表の準備、新しく買ったゲームなど全てにおいて。

大きな理由としては修士論文発表に対する漠然とした不安でしょうか。
管理人はこのままの内容では厳しいと思っています、正直。
ただ、(おそらくですが)担当の先生である教授は大丈夫だと思っています。
そこに激しいジレンマといいますか、そういうものを感じます。

「それならそのことを直接きちんと伝えればいい」とか
「自信の持てる内容にすればいい」などの声が飛んできそうですね。

はい、まさにその通りだと思います。
まぁ、最初の意見に関しては強くではないですが間接的には伝えた……かな。
でも伝わってなさそうですが。

そう思いはするものの、自分の不安を無くすように努力をせずに
自堕落な生活を過ごしております。そんな自分にもイラついている状況です。
多少なりともブログで偉そうなことを喋っているのに現実はこうなんだなぁと。

実際、昨日が一応のレジュメの締切日だったのですが、まだ完成には程遠く。
印刷が月曜日なのでそれまでには必ず仕上げるつもりですけども。
約束を破る、とまでは言いませんがきちんとした行動ではないなと後悔したり。

現実の行動や考えとあまりにかけ離れていることを書いてもよいものか。
などと考えるとあまり更新する気にもなれず。
まぁ、そこまで深く考えていたかどうかは謎ですが……。

最後に、この場を借りて多くの方に謝っておきます。

M2として示しのつくような行動がとれず、研究の邪魔になってしまった方。
また、モチベーションを下げてしまった方。
そして、この日記を読んで気分を害された方。

すいませんでした。以後、気をつけたいと思います。

最初に読まないことをオススメしておきながら、こういうことを書くのは
矛盾のような気もしますが……。まぁ、気持ちを記しておこうと思いまして。

さて。
明日からは気合を入れなおして、とりあえずは中間発表の準備を
進めていこうと思います。理想としてはこの土日でレジュメ&スライドの
完成ですが果たしてどうなることか。
[PR]
by kazuyuna | 2006-12-23 06:52 | 思ふこと
先日、12月分の家賃を大家さんに渡してきました。
これで、あとは来年の1~3月分である3回です。

管理人のところは家賃は手渡しということになっているので
大抵何かを貰っています(缶コーヒーとかゼリーとかね)

あと、毎回ちょっとした話があります。この前はこういったお話でした。
管理人の受け答えは「そうですねぇ」など素っ気無いものだったので(反省)
ここでは、大家さんの言葉だけを抜粋します。

「カズさんが来てからもう6年近くなるんやねぇ。
毎回きちんと遅れずに家賃を持ってきたのはあんただけだったと思うよ。」

実は一回だけ忘れていたこともあったなぁ……と思ってたりしてました。
この時は翌月のと一緒に二月分払ったと思います。

「そういえば、最初の年の夏休みに実家に帰ってた時があるやろ?
あの時も、わざわざこちらに帰ってきてまで渡してくれたんよね。
もう90(歳)近くになるけど、その事は忘れてないよ。
お母さんといっつも「カズさんは真面目や」って話してるんよ。」

はい、確かにそういったこともありました。
ただ、講義(再試験?)があったのでついでという感じで渡してた気も。
ちょっと記憶があいまいです。

ですので、家賃を渡すために帰ってきた、とまで言っていいものかどうか?と
考えてしまいましたが、そういった本人でさえ忘れかけている小さい事も
覚えていてくれたことが非常に嬉しく感じました。

でも、不思議ですね。
「自分が失敗したこと」は覚えているのに、相手から真面目な人だと
思われるようなことはあまり覚えていないものなんですね。

その理由を少し考えてみました。
管理人のなかでは「約束を守ること」は絶対に大事なことに位置づけられて
いるので「守って当然」という考えがあるからなのかなと思います。
ですから、そういう失敗は「当然の事が出来なかった」という理由から
いつまでも覚えているのかもしれません。

……単に失敗した日は時期的に近いから、という理由だったらいやだなぁ。

来年からは社会人になりますので、今以上に約束は絶対的なものになります。
今の考えを持ったまま、責任感のある社会人になれればと強く思います。
[PR]
by kazuyuna | 2006-12-07 23:51 | 思ふこと
自転車のパンクは結局友人に直してもらいました。
ありがとうございます。これで3月まで持てばいいな。

さて、昨日Wiiを予約してきました。
店員さんが「本体はかなり入荷するけど、ソフトが売り切れるかもしれないので
ソフトも予約したほうが良いよ」と仰ったので(元からするつもりでしたが)
ゼルダの伝説はじめてのWiiも予約しました。

ゼルダの伝説はWiiを買ったら絶対やりたいと思っていたし、むしろこれで
購入決めたのでは?という考えもあったので予約。
はじめてのWiiはリモコンがついて4800円(リモコンだけなら3800円)という
安い値段だったこともあり予約。
あと、Wiiスポーツも欲しかったけれどとりあえず保留ということで。

管理人は、ここ2,3日任天堂さんのホームページ上の企画である
社長が訊く Wiiプロジェクトを読んでいました。
非常に興味深い記事で、これからのゲームに対する考えが自分と一致している
ところもあり(もちろん、任天堂さんが先に考えていた可能性が高いですが)
最後まで楽しく拝見させていただきました。

まぁ、今言っても問題ないと思いますので(友人は知っている方多いですが)
発表しますが、管理人の就職希望先はダントツで任天堂でした。
この時のブログも任天堂さんの説明会に行った日のものです。
初めて「ここで働きたい!」と思えた企業でしたし、それ以降もそこまで
強く思える企業は残念ながら現れませんでした。

ゲームに対する姿勢、ゲームユーザーに対する考え方など素晴らしいものが
あると感じますし、実際に成功をおさめています(DSのヒットなど)
……と、任天堂さんに対する考え方を書いていると長文になって
しまいそうなので今日はやめておきます。

書いて欲しい人がいれば、また書くかもしれませんけれど。
……まぁ、いないでしょうけれども(笑)

さて!今日のブログは「これからのゲームどうなるの?」ということについて
管理人の考えを書きたいと思います(管理人の希望含む)

【ゲームの二極化】
今までもそうだったかもしれませんが、DSのタッチペンが爆発的にヒットした
ことやWiiという全く新しい遊び方が提示されたことにより、企業が提示する
ゲームの二極化が進むと考えられます。

1つ目が映像を重視したゲームです。
綺麗な映像、美しい映像を追い求め映画を見ているような楽しみを
ユーザに与えてくれます。

管理人の個人的な感想を書きますね。もちろん、綺麗なほうがいいです。
ただ、同じゲームならばという前提がつきます。
ゲームとしての操作がほとんどなく、ただ綺麗な映像が流れているだけの
ゲームはあまりプレイしたいと思いません。

そして、2つ目がアイデアを重視したゲームです。
全く違う操作方法、全く違うシステム。常に新しいことにチャレンジしていると
いう気概を感じさせてくれるゲームですね。

個人的にはこちらのゲームをやってみたいと思います。
色んな人のアイデアで出来上がる多くのゲームを楽しみたいです。

「色々なことにチャレンジする」という状況は駄作を生み出すかもしれません。
でもね、管理人は思います。

挑戦が必ずしも成功に結びつくとは限りません。
ただ、挑戦なくして成功はありえないでしょう?

と。
ファミコン時代、スーパーファミコン時代にゲーム業界が発展してきたのは
駄作が生まれ続ける背景にあったと考えています。
つまり、「新しい何か」を生み出そうとする気持ちがあり、それに向かって
挑戦してきた時代だったからだと。

しかし、だんだんと開発をおこなうための資金が莫大になり
作品をはずすことが出来なくなりましたた(常にヒットが求められていました)
それがシリーズ作しか売れない状況を生み出したのではないでしょうか?
*シリーズ作……タイトルを引き継いだ作品。○○2とか○○3とか

任天堂の岩田社長も仰っていましたがゲームは娯楽です。
ユーザーが飽きればそこで終了なんです。
だから、開発側は新しい楽しみを常に考えなければいけないんですよね。

それは難しいことだと思います。
しかし、ゲーム業界が発展するために避けては通れない壁だと考えます。

【インターネット利用における可能性】
次世代ハードの全てがネットを利用したサービス、システムを考えています。
これからは、ゲームにおいてインターネットは必須になってくるのでは
ないでしょうか。管理人が考えるネット利用における利点を3つ記載します。

<ソフト、ハードの発展性の確保>
ネットを利用することにより、システムをアップデートしやすくなりました。

バグが見つかれば、それを修正するためのパッチを作成してネットで配布し
ユーザはそれをダウンロードすることでバグを修正する。
また、ユーザーからの意見を反映したアップデートも(以前よりは)容易に
おこなえるようになったといって良いと思います。

上記は大げさに言えば、購入したゲームが進化していくということになります。
これにより、ユーザー側に生まれるものは安心感や期待感だと思います。

<体験版配布による完成度の向上>
ソフトを出す前に「体験版」がプレイできるゲームもありました。
しかし、それはCDやDVDの、いわゆるメディアに入っていることが多く
雑誌の付録であったり、違うゲームについていたりする場合も多かったのです。
つまり、それらを購入しなければ体験することは出来なかったという状況です。

ネットによる配布をおこなえば、ネット環境の整っている全ての人が
体験版をプレイすることが出来ます。
(もちろん、体験版をプレイしたくない人もいると思いますが、
とりあえずここではそのお話は置いておくことにします)

そして、ここから先は管理人の希望ですけれども。
体験版をプレイしたユーザーの意見が反映される開発ステムならば
より完成度の高い、多くのユーザーに楽しんでもらえるゲームに
なる可能性を秘めていると思います。

(意見の例)
○○の場所での操作性が悪い
△△では、説明不足ではないでしょうか など
       
全ての意見を反映させるなんてことは無理でしょうけれど、分かりやすく
バグも少なく、それでいて面白い作品になるのでは?と思います。
ユーザーも(多少ですが)開発に携われる、そういったシステムが確立
してほしいなと思います。

<人との繋がり>
インターネットをしている人(このページを見ている人は全員そうですね)には
分かると思いますが、顔も名前も知らない人と意見を交換できるという利点が
インターネットにはあると思います。

インターネットを介して一緒に冒険したり、時にはおしゃべりをしたり。
はたまた、手に汗握る対戦を繰り広げたりと
インターネットは離れている人を近づけてくれる魅力があると思います。

現在、オンラインゲームと呼ばれるものも存在しますが家庭用ゲームで
そういった機能を備えているものは少ないと思います。
これからは、インターネットの魅力を生かしたゲームが次々と生まれてくると
思いますし、そういう状況を強く望みます。

……気づけば、いつの間にやら長文に。
色々と語ってきましたし、まだ語りたいこともあるような気もしますが
長くなりすぎてもアレですので、【今日のオススメ】でも紹介して
今日はこのあたりで終わろうかなと思います。


【今日のオススメ】
先日名古屋でおこなわれたWii体験会のレポートです(中京テレビ)
興味ある方はどうぞ。雰囲気は伝わってきますよ。

Wii体験会 レポートその1
Wii体験会 レポートその2

大阪でもおこなわれるので行ってみたいともちょっとだけ思いますが
そこは自分が買うまで我慢。そのほうが楽しめそうですしね。
12月2日が楽しみですよ。
[PR]
by kazuyuna | 2006-11-06 23:36 | 思ふこと