自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー

2006年 03月 28日 ( 2 )

取らぬ狸のなんとやら…

今、面接で一番聞かれたら返答に困る質問を考えてみました。
それは、管理人にとってはこんな質問なのかもしれません。

「当社に内定しましたら、他社の選考はどうしますか?」

第一志望の企業ならば、何の問題もありません。
「御社が第一志望ですので、他社の選考は辞退します」
と答えるだけです。

ただ、第二、第三希望の企業だった場合、非常に困ります。
もちろん、内定を取りにいくのならば、上記と同じ答え方でいいのかも
しれませんし、そうする人が多いのでしょうね。

ただ、そう答えたあとに
「じゃあ、推薦書をもらってきてくださいね」
と言われたらどうしようか……という思いがあります。

言い訳はいくらでも考えられるでしょうけど、やはり嘘はつきたくない性分
なのか、正直に答えようかなという思いが強いです。

選考試験の途中で、その企業の魅力に気づき志望度が上がる場合だって
ありますし、実際にありました。
だから、素直に今の気持ちを言ってしまったほうがいいのでしょうか?

「御社に是非入社したいと思っています。ただ、就職活動を精一杯やりきって
から働かなければ、後悔の念が残るかもしれません。ですので、他社の
選考状況にもよりますが、返事を待っていただく場合もあるかもしれません。」

と。
正直者が馬鹿を見る世の中なのかもしれません。
でも、自分の気持ちに嘘をつきたくないし、自分の正直な気持ちを聞いて
尚且つ自分のことを採用したいという企業に入社したいと思ってます。

こんな内容のブログを書くのなら内定を取ってからにしようよ、という声が
聞こえてきそうですが(まだ、面接も合格してませんし)
でも、今からこのような質問を考えておくことも大事ではないかなぁと
思いました。さて、明日は説明会&筆記。頑張ろうっと。
[PR]
by kazuyuna | 2006-03-28 23:59 | 日記
家に帰ると一通の封筒が。

「慎重に選考いたしました結果、残念ながら……(以下略)」

ええ、まぁ簡単に言うと不合格通知、ですね。
自分の出来からしても落ちていても仕方がないと思っていましたが
それでも、やはり現実を目の当たりにすると結構滅入りますね……。

正直申し上げまして「練習で受けよう」という気持ちはありました。
そして、今回の面接で思ったことは

・人事の方は人を見るプロの方
 練習で受けよう、なんて思っている人が合格するはずがない。
 受かりたい、絶対ここで働きたいという気持ちを出さなければ
 合格するはずがない。

・面接では予想以上に緊張する
 個人差があると思いますが、管理人はかなり緊張しました。
 志望度が高くないところでもかなり緊張しましたので、志望度が高い
 ところは、きっとすごい緊張するんでしょうね……。

大きく学んだことが、この2つです。
甘く見ていたわけではないですが、現実は厳しいです、やはり。

以前、Web試験での不合格はありましたが、面接では初めてです。
筆記試験とは違い、「自分を見てもらった上で」不合格だったわけですから
かなり落ち込みますね、志望度関係なく……。
面接で何度も落とされたら鬱になるのも納得です。
志望度低い企業1社で、こんなにもダメージを受けるのですから。

でも。
そんな話をしていても、結果は変わらないわけで。
泣き言を言っていても他社の面接は訪れるわけで。

面接官が落ち込んでいる学生をとりたいと思うでしょうか?
答えは分かりきっています、『NO』です。

だから、気持ちを切り替えます。自分のために。自分の未来のために。
今回の失敗を次回に繋げるために。
だから、気持ちを切り替えるために失礼を承知ながら書かせていただきます。

「今回受けた○○会社さん、貴社は人を見る目がありませんね!」

人を悪く言うことは決して好ましいことではありませんが、今回だけは
ご容赦いただきたい。そう願います。それでは。
[PR]
by kazuyuna | 2006-03-28 00:58 | 日記