自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー

2005年 12月 04日 ( 1 )

今 歴史が変わる

青天の霹靂って言葉があります。
ちなみに晴天って書くものだとばかり思ってました。

《青天の霹靂》
青天の霹靂の「青天」は雲ひとつない澄んだ青空、「霹靂」は突然雷が
鳴ることである。青天の霹靂の由来は、中国南宋の詩人「陸游(りくゆう)」が
「九月四日鶏未鳴起作」の中で、「青天、霹靂を飛ばす」と表現したことによる。
「青天、霹靂を飛ばす」は、病床に伏していた陸游が突然起き上がり、
筆を走らせた勢いを雷に喩えたもので、本来は筆の勢い表した言葉であった。

簡単な意味としては、予想外のことや事件が突然起こること。
古くから伝わっている言葉ですが、次のように変わります。
いえ、変えます。変えてみせます。

12月の夕立

買い物の帰り、いきなり横殴りの風と強い雨。
出かける時は降っていませんでしたので、当然傘などありません。
まさか、12月に台風の日を思い出すとは思いませんでした。

この体験で学んだことは、天気予報をチェックすることの大事さや、
行動を起こす前の予測が大切だなどといったことではなく、
雨って痛いんだねってことです。


菊月虹(ライトジーンの遺産)の名言】
 若者は馬鹿だが、だれもそれを馬鹿にはできない。
 だれもがかつて一度は馬鹿だったわけだからな。

[PR]
by kazuyuna | 2005-12-04 22:54 | 日記