自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

歌ってみた@バンドブラザーズDX

e0011521_19231256.jpg

バンドブラザーズをプレイしたので感想を。

■演奏する

最初から用意されているのは31曲。
誰もがどこかで聞いたことのある曲ばかりなので演奏はしやすいかもしれない。

ボタンそれぞれに音階が設定されており、タイミングだけ合わせて押すといった
多くの音ゲーとは異なる部分があり、そこが楽しい。
間違った場合、「音がならない」のではなく「違った音階の音がなる」。
ココが実際に演奏している気分に近づけてくれていると思う。

難易度はビギナー、アマ、プロ、マスターの4つあり、以下のようになっている。

ビギナー
Aボタンのみ使用。
先ほど述べたように、ボタンによって音階が変わるといった楽しさはないが
音ゲーに慣れていない人でも十分に楽しめる難易度になっていると思う。

アマ
十字キーの左とY,B,Aボタンを使用して演奏する。
ビギナーでは物足りない人、ちょっとした演奏気分を味わいたい人にはもってこい。

プロ
十字キーの4つとY,B,A,Xの4つのボタンを使用する。
ここまで来るとドレミファソラシドといった音全てが異なるボタンで押せるようになり
上手く出来た時には達成感も生まれる。

マスター
プロで使用する8つのボタンに加えて、L,Rが入る。
LやRを押すことで”1オクターブ上げる”、”半音上げる”ことが可能になり
実際の演奏にかなり近くなっている。
しかし、マスターというだけあり、相当の難易度。
このレベルで初めて登場する「同時押し」が難易度をぐっと引き上げている。
いつか綺麗に演奏したいものだなぁ。

演奏中には曲のスピードが変化する場所にはマークがあり、非常に親切な作り。
ゲームというよりは楽器を使って演奏している気分にさせてくれる。


■歌う

個人的に最も楽しみだった機能。
歌声診断は以前の体験版でも紹介したので、
製品版のみに入っている「歌トレーニング」について書いていこうと思う。

歌トレーニングはソフトに入っている歌全てでおこなうことが出来る。
ダウンロードした歌でも可能なのが非常に嬉しい。

歌う前の設定として、キーを変更出来たり、エコーの有無を決定出来たりと
カラオケに近い設定が出来るので少々驚いた。
もちろん、嬉しい驚き。

歌っている最中は”実際の音程”と”自分の音程”が図表示されるので
どこで外れているのかがすぐに分かる。
「どこが間違ってるんだろう?」と思っている方にはオススメ。

歌い終わった後は点数が表示される。
詳細な評価としては、リズム、音程が棒グラフで表示され
ビブラート、こぶし、声質、音域がコメントで表示される。
また、バーバラから「ワンポイントアドバイス」も貰える。
かなり本格的な採点で嬉しい限り。

早速、最初から入っていた「世界に一つだけの花」を歌ってみた。

96点

高!
いやいやいや。どれだけ甘いんだ。
これは何かの間違いだろうってことで「みらいよそうず2」を歌ってみた。

98点

ちょ!
上がり幅が4点しかないのに、まだ上がりますか。


せっかくなのでマイク性能、判断評価がどうなのか?
直接読者の方に判断してもらおうとカラオケで歌ってきたのを撮ってみた。
管理人(オス)が死ぬ思いで原曲キーで歌ってきたので
時間のある方は、歌と評価を見て判断してもらいたい。…お暇なら。

************************************
曲名 残酷な天使のテーゼ(ダウンロード曲)
歌声 「残酷な天使のテーゼ」を歌ってみた
************************************

************************************
得点 92点

リズム 普通  
音程  普通と良いの間くらい

ビブラート よわめ
こぶし   ちょうどよい
声質    クール
音域    メゾソプラノ
ワンポイントアドバイス リズム感がイマイチね
************************************

リズムと音程の評価だけ見ると、とても92点とは思えないのだが…
そうか!これ、200点満点か!

もちろん、カラオケで大声で力の限り歌う曲と
自宅の風呂場でコッソリ歌うのでは評価のされかたも違うと思うけども。
後は、皆の判断に任せる!

マイクや評価性能だけでなく、「こんな歌合うんじゃない?」という意見も
貰えたら非常に嬉しい。
もちろん、言われた歌には全部チャレンジする意気込み。
このように、コメントがない内から張り切る。
これを世間では「取らぬ狸の皮算用」と言う。


と、昨日はバンブラDXをメインで遊び、その後はスマブラを少々していたので
剣と魔法と学園モノには手をつけてない。
こちらの感想も近々書く予定なので、
待ってくださっている優しい方々ははもうしばらくだけお待ちください。
[PR]
by kazuyuna | 2008-06-26 19:23 | ゲーム