自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

経験は涙の母

前々から言ってましたが管理人は涙もろいです。

が、「劇的ビフォーアフター」を見ていてうるっとくるとは…。

*劇的ビフォーアフター
 依頼主が改築を頼んで、番組が代わりにおこなってくるというもの
 (有名だと思うので説明の必要性がないかもしれませんが)

改築後の家を見ていたお母さんが感動していた姿を見ていて
「こんな家が夢だった…」という本当に満足気な表情だったので、つい。
今までの生活だと色々と辛かったのだろうなぁとか思ってしまってね。

なんていうか、管理人はすぐに感情移入してしまうきらいがあります。
漫画しかり、ドラマしかり、もちろんゲームも。

登場人物の気持ちに入りきるので、
(登場人物が腹が立つ場面では腹も立つし
(登場人物が)泣きたくなるような場面では涙も出ます。

年をとると涙もろくなると言われます。

ここからは完全に管理人の個人的考えですが
それは、経験を積み想像力を働かせやすくなったからではないかと。

子供の頃には分からなかった
「○○とはどのくらい悲しいのか」「△△されるとどれくらい嬉しいのか」などが
理解しやすくなるからではないかと。

もちろん、そうなったからといって涙もろくなるかどうかは個人差です。
ただ、登場人物の気持ちが理解しやすい土台があるからこそ
管理人のような人物も生まれるのではないでしょうか。

感動しやすい体質を個人的には嫌だとは思いません。
むしろ、それだけ楽しめているのだと考えます。

が。

「劇的ビフォーアフター」で涙流すような人に”感動した”と聞かされても
あまり説得力はなさそうですね。
[PR]
by kazuyuna | 2008-03-02 13:47 | 日記