自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

物語は佳境へ@世界樹の迷宮Ⅱ

第4階層に待ち受けるボスを倒し、第5階層へ。
現在、22階に登ったところです。 

*これ以後、21階までのネタバレの可能性有です。
 注意してお読みください。

さて。

第3階層のボスは割とてこずったのですが
第4階層のボスは特殊攻撃への対策をおこなっていたら
思っていたよりもあっさり勝てました。

「これは無理だ」と思っても
少し戦い方を変えてみるとかスキルを振りなおしてみることで
必ず勝利への道が見えてくる。
これが「世界中の迷宮」の魅力であることは間違いないなぁと思います。

17Fか18Fで兵士さんから”いいもの”を1万円でゲットしましたので
探索場所がぐっと上がり、そちらを探索しておりました。
ついでに完遂していないクエストも少々。

酒場で受けることの出来るクエストは派生系のものも多くあり
1つ達成することで次のクエスト発生、というのも結構あります。
階層を進める&クエストの派生系の多さで達成しても達成しても
クエストが無くならないという、嬉しい悲鳴をあげております。

でも、○○集めはちょっと面倒…とか
△△ってどこに行けばいいんだ? などクエストが進まないこともしばしば。
メインストーリーに対して息抜き程度でクエストをおこなう、というのが
管理人には最も適したプレイスタイルかもしれない。

クエストは報酬があるものの、それほど大したものはないんですよね。
ただ、クエストの1つ1つにはドラマがありまして。
それが楽しみで受けているのは間違いないなぁと。
全てをグラフィックで表現しないからこそ、想像力をかきたてられる。
それも1つの魅力だと思います。

前作は地下25階がラストフロア(隠し除く)でしたので
同じだと考えるとそろそろ終わりが見えてきたなといった感じです。
全ての謎を解き、物語を終える達成感が楽しみなようであり寂しくも感じられます。

そういう風に終わることに対して寂しさを感じられるというのは
名作と言われるための1つの条件ではないでしょうか。
体験していない人には是非プレイしてみてほしい作品ですね。
[PR]
by kazuyuna | 2008-02-29 00:55 | ゲーム