自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今年も終わり(ちょっと付けたし)

28日の業務を終えて仕事納めでございます。
社会人になって初めての年だったこともあり、色々と大変なことも
あったけれど、それなりに楽しめたかなと。

一番良かったのは、人間関係ですかね。
給料や福利厚生は入社する前からある程度分かるしね。
一番知りたいことなのに入社するまで分からないってのが人間関係だと思う。

その点で言えば満足してます。
直属の先輩を初めとして上司は良い人たちばっかりだしね。
来年以降は新人じゃなくなるので甘くないかもしれないけど。

最近、友人のブログで張られてたスレなんだけど

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」
 *リンク先は第五部なので、同ページにあるリンク先にある
  第一部から読み始めると良いかと思われます。

これ見てて、尚更思ったね。
やっぱり人間関係が一番大事だよなぁと。

ちなみに内容は最後になるにつれて段々と感動的なお話になっていきます。
時間のある方は読んでみてもよろしいかと。
管理人一押しのスレです。

さて、日記に戻りますか。

仕事の後は最後の飲み会。
入り口で他部署の同期とバッタリ会う。
どうやら、向こうも飲み会みたい。

先週の飲み会の時もあったし、世間は狭いな。

飲み会はまぁ、どうということもなく。
途中で多少課長とも話しましたが、淡々と時間が過ぎていきました。

そして、飲み会の後は先輩達と飲み会前から約束してたカラオケへ。
飲み会よりもこっちのほうを楽しみにしてたりする。

管理人の場合、2次会以降に参加すると始発が決定するので
「朝までと考えると2人だときついかも」という先輩の意見で3人ほど誘う。
メンバーは管理人、同期1人、先輩3人。

いざ、カラオケへ。
受付をしている間に別の先輩(飲み会に参加していない先輩)が登場。

本当にどれだけ狭いんだよ、世間。

先輩2人は女性2人とダブルデート(合コン)してたっぽい。
ダブルデートって、ときメモの世界だけのものじゃなかったんですね。
と、そんなことを思いながらカラオケ部屋へ。

最初に歌ったのは、先輩から以来された「創生のアクエリオン」
以下、先輩の反応。

1曲目 ”創生のアクエリオン”
先輩 「意外なキャラが意外な高音で歌ったぞ。
    俺はオクターブ下げないと無理やわ」

2曲目 ”エアーマンが倒せない”
先輩 「声はいいと思うけど、選曲が間違ってる気がする」

3曲目 ”Rusty Nail”
先輩 「君は、○○(管理人の会社名)に来るべきではなかった。
     歌の上手い芸人を目指すべきだったな」
管理人 「なんで芸人なんすか」
先輩 「いや、歌手は無理だろう」   デスヨネー

この曲の後、先輩から「向こうの部屋(合コン部屋)行こう」と誘われたので
一緒に行ってRusty Nail歌ってきた。
携帯いじってた女性も結構聞いてくれて受けてたっぽいので満足。

一曲歌い終えたので「では、失礼します」と退室。
ここから先に進めない(あんまり進む気もない)のが管理人たるゆえんだな。
その後は、歌いつづけて一回でてラーメン食って、またカラオケ行って終わり。

結構楽しめたけど疲れたな。
9連休もあるし、ゆっくり休もう。

「この県で16番目くらいにアニソンが上手い」という称号を受けた
kazuyunaがお送りしました。
[PR]
by kazuyuna | 2007-12-29 20:57 | 日記