自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

東洋の魔女復活か?

昨日は、女子バレーを見てました。対ブラジル戦でしたね。
ブラジルは世界ランク2位という強豪です。

ブラジルの選手は、とりあえず背が高すぎ!バレーというスポーツの性質上、
背が高いということはそれだけで圧倒的に有利。
日本は苦戦するだろうなと思ってました。

しかし、実際に試合が始まってみるとどうでしょう。

圧倒的じゃないか、我が軍は! by ギレン・ザビ

1,2セットは、ブラジルを寄せ付けない圧倒的強さ。
ただ、思ったのです。ブラジルってこんなもんじゃないだろう?ってね。
確かに日本は強かった。ミスも少ないし、いい所にスパイクも打ってた。
しかし、明らかにブラジルはつまらないミスが多かった。
日本の応援に押されているのだろうか?と思ったりもしましたね。
だから思ったのです。
ブラジルに勝つなら、波に乗っていない今しかないと。

しかし、世界はそんなに甘くなかったですね。
ブラジルは、3セット目から本来の力を発揮してきました。
そして、3,4セットを連取され、日本は逆王手をかけられてしまったのです。
流れは完全にブラジルです。
この試合をものにするにはあの頃の力が必要でした。
そう、かつて日本女子は体格で劣りながらも圧倒的な強さを見せ付けていた。
その圧倒的な強さを讃え、世界はこう呼んでいたのです。

東洋の魔女と。


そして、最終セット。
4セット目までの流れをなかなか変えることが出来ない。
どうしても、勝ち越すことが出来ない。
しかし、ブラジルが11ポイント目をとったあたりから、流れは変わりました。
ここから日本は怒涛の攻撃で逆転したのです!
この場面は、他のチャンネル見てたとか言えない。

結局、最後は20-18という接戦で負けてしまいましたが、我々は見たはずです。
日本にある大和魂を。かつて東洋の魔女と呼ばれた圧倒的強さを。
世界の強豪に競り勝っていたその瞬間を!

負けたとはいえ、誇ってほしいと思います。どちらが勝ってもおかしくなかった試合でした。ひいきしてるからではありません。
ブラジル国民だって、そう思った人がいるはずです。
だから声を大にして言いたい。頑張れ、ニッポン!

諦めないこと。チャレンジすること。自分の力を最大限に発揮すること。
大事なことを沢山学んだ夜でしたとさ。では、また次回。
[PR]
by kazuyuna | 2005-06-27 15:50 | 日記