自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

E3の記事とリモパワについて

E3 2007の記事を見つけたので紹介。
ちなみにE3というのは、Electronic Entertainment Expo略称で、
アメリカで毎年5月頃に開催されているコンピュータゲームの
展示会・見本市のことです。

その中から任天堂の岩田社長のお言葉をお借りします。

***********************************************
「新しいユーザーと古くからのユーザーの間に」流れる意識の壁を撤廃したい」

そのヒントとして…

「ゲーム初心者がスムーズに遊べて、かつコアユーザーが奥深さを
感じるものでなければならない」

その回答の一つが『Wii Fit』である。
***********************************************

先日のブログで心配している内容を書いていましたが
どうやら杞憂で終わりそうです。

開発者の方がこんな風に思ってくれているのならばゲーム業界の未来は
明るいに違いないですからね。
願わくば全ての開発者が同じ思いであれば、と思います。

さて、話を変えまして。

最近、本ブログに「リモパワ」を検索ワードにして訪れる方が急増してます。
Googleで検索してみると一番上に表示されてますね、そりゃ増えるわけだわ。

ヒットしているのは、当然リモパワを取り扱った記事なんですけど
読み返してみるとどうもリモパワについてはあまり触れられていない。
これではせっかく来てくれた方に申し訳ないということで
ちょっとだけリモパワについて語ろうかと思います。

パワプロWiiでは投手と野手でリモコンを使用します。
走塁や守備はオートでおこなってくれます。

Wii Sportsの野球はあまり楽しめなかった管理人ですが、
本作品はそれなりに楽しめている気がします。
やっていることは同じはずなんですけどね。

投手は「内角/外角」と「球種」を選択してリモコンを振ります。
打者は来た球にタイミングを合わせてリモコンを振る、と。

試合の実況が盛り上がらせてくれる要因になっているのかもしれませんが
人との対戦は割と楽しめました。
選手一人一人に能力があるってのも嬉しいかな。

ただ、野球経験者としては操作に多少の不満もあります。
それは「高め、真ん中、低め」を狙って投げたり打ったりできないこと。
内角/外角だけでなく高め、低めも狙えたら戦略も広がるのになぁと。

投手のほうは簡単に出来るので置いておいて。
問題は打者のほうですよね。

高め、低めを振るといっても基準がなければいけません。
そこでヌンチャクの登場ですよ。
ヌンチャクを基準にして近めなら内角、遠めなら外角。
そして、上なら高め、下なら低めを振っているという具合。

どうです、この案。
結構いいと思うんですけど、採用しませんか?
コナミさんを始めとした各メーカーさん。
もれなく採用した場合は、該当ソフト一本でいいという超激安アイデアですよ。

とまぁ、(半分)冗談はさておいて。
せっかくのWiiの機能、十分に活かしたソフトが出て欲しいですよ。
ずぶのど素人でもこれくらいは浮かぶんだから
きっともっと凄い案が出るはず。
(その案はすでに出ていてぽしゃったとかだったらすみません)

次の野球ゲームにさらに期待。
[PR]
by kazuyuna | 2007-07-26 17:10 | ゲーム