自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ゲーム業界の今までとこれから

yさんが前回のコメントで良い記事を教えてくれたので紹介しておきます。

SCEと任天堂のいつか来た道

過去(FC時代)から現在までのゲーム業界を分析しています。
非常に適確な分析であると同時に読み応えもあると思います。
最も印象に残った言葉は以下のものでした。

「棍棒を握った人間はふりまわさずにはいられない」

SFC時代後半の任天堂、PS2全盛期のSCEを表現しています。
詳しくは是非リンク先をお読みください。

ただ、任天堂はそこで腐らずより素晴らしくなって復活を遂げました。
一度地獄を味わったからこそ、ユーザーの意見によく耳を傾けるように
なったのだと思います。一消費者として嬉しく思います。

ただ、どの業界もそうですが一つの企業が独占してしまうと良くありません。
個人的にはX-B0X360やPS3に頑張って欲しいのですが。
果たしてSCEはこのまま終わってしまうのだろうか……。

まぁ、とりあえず

PSPの初期不良に対して 「これは仕様です」
PS3の販売前に 「PS3はゲーム機ではない」

などといった某社長さんは世代交代をするべき(したんでしたっけ?)かと。

どのハードが勝つか、なんて神様じゃないんだから分からないです。
でもね、一つだけ言える確かなことがあります。

それは「ユーザーを大事にした企業が勝つ」ということです。
ユーザーの立場になれる人、ユーザーの目線で見れる人こそが
業界を引っ張っていくに違いないと思います。
[PR]
by kazuyuna | 2006-12-20 22:24 | ゲーム