自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

これからのゲーム業界について思ふこと

自転車のパンクは結局友人に直してもらいました。
ありがとうございます。これで3月まで持てばいいな。

さて、昨日Wiiを予約してきました。
店員さんが「本体はかなり入荷するけど、ソフトが売り切れるかもしれないので
ソフトも予約したほうが良いよ」と仰ったので(元からするつもりでしたが)
ゼルダの伝説はじめてのWiiも予約しました。

ゼルダの伝説はWiiを買ったら絶対やりたいと思っていたし、むしろこれで
購入決めたのでは?という考えもあったので予約。
はじめてのWiiはリモコンがついて4800円(リモコンだけなら3800円)という
安い値段だったこともあり予約。
あと、Wiiスポーツも欲しかったけれどとりあえず保留ということで。

管理人は、ここ2,3日任天堂さんのホームページ上の企画である
社長が訊く Wiiプロジェクトを読んでいました。
非常に興味深い記事で、これからのゲームに対する考えが自分と一致している
ところもあり(もちろん、任天堂さんが先に考えていた可能性が高いですが)
最後まで楽しく拝見させていただきました。

まぁ、今言っても問題ないと思いますので(友人は知っている方多いですが)
発表しますが、管理人の就職希望先はダントツで任天堂でした。
この時のブログも任天堂さんの説明会に行った日のものです。
初めて「ここで働きたい!」と思えた企業でしたし、それ以降もそこまで
強く思える企業は残念ながら現れませんでした。

ゲームに対する姿勢、ゲームユーザーに対する考え方など素晴らしいものが
あると感じますし、実際に成功をおさめています(DSのヒットなど)
……と、任天堂さんに対する考え方を書いていると長文になって
しまいそうなので今日はやめておきます。

書いて欲しい人がいれば、また書くかもしれませんけれど。
……まぁ、いないでしょうけれども(笑)

さて!今日のブログは「これからのゲームどうなるの?」ということについて
管理人の考えを書きたいと思います(管理人の希望含む)

【ゲームの二極化】
今までもそうだったかもしれませんが、DSのタッチペンが爆発的にヒットした
ことやWiiという全く新しい遊び方が提示されたことにより、企業が提示する
ゲームの二極化が進むと考えられます。

1つ目が映像を重視したゲームです。
綺麗な映像、美しい映像を追い求め映画を見ているような楽しみを
ユーザに与えてくれます。

管理人の個人的な感想を書きますね。もちろん、綺麗なほうがいいです。
ただ、同じゲームならばという前提がつきます。
ゲームとしての操作がほとんどなく、ただ綺麗な映像が流れているだけの
ゲームはあまりプレイしたいと思いません。

そして、2つ目がアイデアを重視したゲームです。
全く違う操作方法、全く違うシステム。常に新しいことにチャレンジしていると
いう気概を感じさせてくれるゲームですね。

個人的にはこちらのゲームをやってみたいと思います。
色んな人のアイデアで出来上がる多くのゲームを楽しみたいです。

「色々なことにチャレンジする」という状況は駄作を生み出すかもしれません。
でもね、管理人は思います。

挑戦が必ずしも成功に結びつくとは限りません。
ただ、挑戦なくして成功はありえないでしょう?

と。
ファミコン時代、スーパーファミコン時代にゲーム業界が発展してきたのは
駄作が生まれ続ける背景にあったと考えています。
つまり、「新しい何か」を生み出そうとする気持ちがあり、それに向かって
挑戦してきた時代だったからだと。

しかし、だんだんと開発をおこなうための資金が莫大になり
作品をはずすことが出来なくなりましたた(常にヒットが求められていました)
それがシリーズ作しか売れない状況を生み出したのではないでしょうか?
*シリーズ作……タイトルを引き継いだ作品。○○2とか○○3とか

任天堂の岩田社長も仰っていましたがゲームは娯楽です。
ユーザーが飽きればそこで終了なんです。
だから、開発側は新しい楽しみを常に考えなければいけないんですよね。

それは難しいことだと思います。
しかし、ゲーム業界が発展するために避けては通れない壁だと考えます。

【インターネット利用における可能性】
次世代ハードの全てがネットを利用したサービス、システムを考えています。
これからは、ゲームにおいてインターネットは必須になってくるのでは
ないでしょうか。管理人が考えるネット利用における利点を3つ記載します。

<ソフト、ハードの発展性の確保>
ネットを利用することにより、システムをアップデートしやすくなりました。

バグが見つかれば、それを修正するためのパッチを作成してネットで配布し
ユーザはそれをダウンロードすることでバグを修正する。
また、ユーザーからの意見を反映したアップデートも(以前よりは)容易に
おこなえるようになったといって良いと思います。

上記は大げさに言えば、購入したゲームが進化していくということになります。
これにより、ユーザー側に生まれるものは安心感や期待感だと思います。

<体験版配布による完成度の向上>
ソフトを出す前に「体験版」がプレイできるゲームもありました。
しかし、それはCDやDVDの、いわゆるメディアに入っていることが多く
雑誌の付録であったり、違うゲームについていたりする場合も多かったのです。
つまり、それらを購入しなければ体験することは出来なかったという状況です。

ネットによる配布をおこなえば、ネット環境の整っている全ての人が
体験版をプレイすることが出来ます。
(もちろん、体験版をプレイしたくない人もいると思いますが、
とりあえずここではそのお話は置いておくことにします)

そして、ここから先は管理人の希望ですけれども。
体験版をプレイしたユーザーの意見が反映される開発ステムならば
より完成度の高い、多くのユーザーに楽しんでもらえるゲームに
なる可能性を秘めていると思います。

(意見の例)
○○の場所での操作性が悪い
△△では、説明不足ではないでしょうか など
       
全ての意見を反映させるなんてことは無理でしょうけれど、分かりやすく
バグも少なく、それでいて面白い作品になるのでは?と思います。
ユーザーも(多少ですが)開発に携われる、そういったシステムが確立
してほしいなと思います。

<人との繋がり>
インターネットをしている人(このページを見ている人は全員そうですね)には
分かると思いますが、顔も名前も知らない人と意見を交換できるという利点が
インターネットにはあると思います。

インターネットを介して一緒に冒険したり、時にはおしゃべりをしたり。
はたまた、手に汗握る対戦を繰り広げたりと
インターネットは離れている人を近づけてくれる魅力があると思います。

現在、オンラインゲームと呼ばれるものも存在しますが家庭用ゲームで
そういった機能を備えているものは少ないと思います。
これからは、インターネットの魅力を生かしたゲームが次々と生まれてくると
思いますし、そういう状況を強く望みます。

……気づけば、いつの間にやら長文に。
色々と語ってきましたし、まだ語りたいこともあるような気もしますが
長くなりすぎてもアレですので、【今日のオススメ】でも紹介して
今日はこのあたりで終わろうかなと思います。


【今日のオススメ】
先日名古屋でおこなわれたWii体験会のレポートです(中京テレビ)
興味ある方はどうぞ。雰囲気は伝わってきますよ。

Wii体験会 レポートその1
Wii体験会 レポートその2

大阪でもおこなわれるので行ってみたいともちょっとだけ思いますが
そこは自分が買うまで我慢。そのほうが楽しめそうですしね。
12月2日が楽しみですよ。
[PR]
by kazuyuna | 2006-11-06 23:36 | 思ふこと