自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

想いは世代を超えて

久しぶりにCDを購入しました。
FF3のサウンドトラックです *リンク先は音が出ます

管理人はCDやDVDを普段買わない人なので、以前はいつくらいに
買ったのか全く覚えてません。何年かは買ってない……はず。
ですので、今回はかなり気に入ったということでしょう。

あ、あと攻略本も購入してきました。
とっくに攻略しているので、もちろん攻略目的ではないです。
というより、管理人は攻略目的で攻略本を買わないので。
攻略目的ならネットで十分かなと思います。

では、なぜ攻略本を買うのか?
説明しづらいですが、以下のような点からです。

<第一点>
ソフトが気に入ったから記念グッズとして購入したいので。
映画を見に行って気に入ったからパンフレット購入みたいな感じかな?

<第二点>
同じようなソフトをこれからも作ってほしいという気持ちから。
そのために、少しでも売り上げに貢献(しているか分からないけど)したい。

とまぁ、伝わりづらいかもしれませんがこんな感じです。
ですので、買ってほとんど読んでない攻略本も数冊はあります。
……お金の無駄遣いと言われれば言い返せませんが。

管理人の購入動機はさておき、肝心の内容ですが。
サントラを買うこと自体初めてかもしれないので比較することは難しいですが
素晴らしい出来ではないでしょうか?

オープニングの音楽が胸を躍らせ、戦闘の曲が緊張感を思い出させ
フィールドの曲が冒険心をくすぐり、ファンファーレが喚起を呼び起こします。
そして、音楽と共に多くの場面が頭に次々と描かれていきます。

また、今回のCDには特典としてDVDもついています。
こちらは映像と作曲家インタビューが収録されています。
インタビューでは、いくつか質問がされていたのですが、
その中でも印象的だった回答があります。

Q 今と昔では何が違うのでしょうか?

A (回答者は植松さんだったと思います *多少、表現が違うかもしれません)

今と昔、ですか。そうですね。
ただ一つだけ言えること、それは「思いは変わっていない」ということです。
自分の表現したい音楽、伝えたい音楽を聞き手に聞かせたい。
その気持ちは、今も昔も変わっていません。技術の進歩によって、
伝えたい音楽をより鮮明に伝えられるようにはなりましたけれど。

この回答を聞いたとき思いました。「そうか、思いはやはり伝わるんだ」と。
素晴らしい音楽が作りたい。素敵な音楽を届けたい。
その思いがあればこそ、いつまでも心に残るものが生まれたのだと。

今と昔。同じゲーム音楽を作るために使える音は相当の差があります。
作った音をそのままゲームに詰め込めない。
もどかしさや辛さ、それは大きなものだったのではないでしょうか。

その中で、苦心して苦心して作り上げた音楽。
その音楽と現在の音楽。どれほどの差があるというのでしょう?
気づけば、最初にあった大きな差は埋まろうとしている。
そう感じることが出来るかもしれません。少なくとも管理人はそう感じます。

最後に植松さんは言っていました。

「ハートがこもった音楽が作りたい」

それは、植松さんの思いが全てつまった言葉に聞こえました。
そして、私達に「何事も気持ちを込めなければいけないよ」と
語りかけているように感じました。

管理人は、来年から社会人となります。
植松さんと同じように曲を生み出す仕事ではありません。
けれども、何かを生み出すという点では同じです。

ですのでハートをこめて一生懸命働こうと思います。
その気持ちは同僚に、そしてユーザーに必ず届くと確信できたので。
[PR]
by kazuyuna | 2006-09-23 03:32 | 日記