自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

終焉の時 そして始まりの時

本日、入社承諾書を送りました。
いろいと悩んで、結局実家に近い(とっても隣の県ですが)企業に
お世話になることにしました。

どうやら、管理人の研究室からは6人(このうち同期5人)が、この企業に
お世話になることになりそうです。
管理人の大学からは多くの学生が毎年行っているのですが、
同じ研究室から6人行くなんてことは、前にも後にもないかもしれませんね。
知人が多く行くというのも、こちらの企業を選ぶことになった理由の1つです。

ということで……

1社目の企業に内定辞退の連絡を入れました。
入社承諾書を提出した企業から、「確かに承りました」という連絡を頂いた
あとにしようかと考えもしたのですけど、やはり早めに連絡することこそが
自分に出来る、この企業に対する最後の誠意なのではないかと考え、
電話連絡させていただきました。

・先日、2社目から内定をいただいたこと
・自分なりに考え、両親の意見なども参考にしたこと
・そのうえで、2社目にお世話になることを決めたこと

を自分なりにしっかりと伝えました。
内定辞退は企業にとっても(ありえることとはいえども)なるべくしてほしくない
ことですので、少しは嫌な対応をされるかと思ってました。

でも、全くそんなことはなかったです。
やっぱり、自分が思っていた通りの素敵な企業だったと思います。
最後の最後まで。

管理人の考えを理解してくれて、これからの社会人生活を頑張って欲しいと
仰ってくれました。また、この方は高校の先輩(顔見知りではないのですけど)
だったこともあり「、またいつか会えるかもしれませんね」と仰ってくれました。

結局、行くことにはならなかった企業ですけど本当に選考試験に参加して
良かったと心から思える企業だったと思います。

ここは、ネット上で公開するというブログですので企業名をあげるのは
差し支えさせていただきますが、本当なら企業名を書きたいくらいです。
自分をしっかりと見てくれて選んでくれて、なにより自分を成長させてくれた
企業だったと思います。心からお礼を申し上げます。

ありがとうございました!

これで、就職活動はほぼ終了しました。
あと1社結果待ちです。もし内定なら電話をいただけるそうなので、その場で
断らなくてはならないので、受かってほしいような落ちててほしいような……。
そんな微妙な感じです。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-30 21:00 | 日記