自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

内々定後のお話

というわけで、内々定をいただいた企業さんのもとにいってきました。
バスが予定時刻より遅れたので焦りましたね。といっても7分遅れなので、
もう少し余裕をもっておけよといいたいところですが。

少し走って、なんとか5分前に到着。
せっかく間に合ったのに40分くらい待たされましたが……。
まぁ、一次面接から最終選考まで1ヶ月ほど待ちましたから
慣れているといえば慣れていますけどね。

で、人事の方と1対1でお話開始。
だいたい、こういったことを言われました。

「遠いところ来て頂いたのに、お待たせして申し訳ありません。
本日は、私どもがカズさんのどういったところを評価させていただいたのかを
お話させていただきたいと思います。」

待つ時間は暇で、「早く始まらないかなぁ」と思っていたのですが、きちんと
お詫びの言葉もありましたし、帰りのバスの時間も気にしてくださっていたので
その点は良かったです。
前の面接とかが時間おしてた可能性だってありますしね。

「私たちは、真面目で何かをする時にもきちんと目標を定めて
それに向かって努力することのできる頑張りやさんというイメージを持ちました。
そして、論理的な思考をもち,考えや行動を自分の言葉できちんと
説明できる方だと思いました。
また、お話の途中で時折見せる柔らかい表情がとても好印象で、うちの常務は
「そこが気に入った!」などと言っていましたよ。
男に好かれてもあまり嬉しくないかもしれませんけれども(笑)」

やっぱり、表情(特に笑顔)は大事なんだなぁと感じました。
今まで、色々な方に言われてきましたけど面接官の方に言われて、強く認識
できましたねぇ。会話は、表情と喋りの両方が大事なんですね。

「それから、私も拝見させていただいたのですが、ご丁寧にメールまで
出していただいて。カズさんの人間性がよく出ているメールだと思いました」

やっぱり、お礼のメールも大事なんですね。人事の方だって人間だもの。
こちらの思いが強ければきっと届くんですよ。何社かお礼メールは出しましたが
この企業さんには、特に強い気持ちを込めて書いたつもりですので。
以下、最終選考終了時のメールです。

***************************************************
△△株式会社
人事部 採用ご担当者様

前略

○○大学大学院のカズと申します.
本日は,最終選考を実施していただき,ありがとうございました.

役員面接と聞いていましたので,もっと厳かな雰囲気を予想していましたが,
非常に話しやすい雰囲気を作ってくださり,本当の自分を見ていただくことが
出来たと思っています.担当していただいた面接官の方々に感謝しています.

また,今までの選考段階で様々な方と出会いました.
◎◎様には,メールでのご対応やグループワークでお世話になりました.
本日も話しかけてくださったのでリラックスして面接に望むことが出来ました.
◇◇様には,電話でのご対応や面接が始まるまでの案内などで
お世話になりました.□□様は,一次面接で私の話をよく聞いてくださり,
学生をきちんと見て選考していると感じることが出来て嬉しかったです.

その他にも説明会やグループワークで出会った全ての先輩社員の方が
魅力的であると感じました.選考試験でしたが,非常に楽しい時間を
過ごすことができたと思います.
私が選考試験の段階でお世話になった全ての人に対してお礼を
申し上げます.本当にありがとうございました.

貴社で働くことが出来るかどうかは分かりませんが,貴社に出会えたこと,
貴社の方々に出会えた事は,私にとってとても大きな出来事でした.
この事をお伝えしたく,メールを送らせていただきました.

お忙しい中,私のメールをお読みくださったことに感謝いたします.
それでは,失礼いたします.
                                               早々
***************************************************

「このような点を評価して、この企業でも必ずやっていける、
活躍できると判断し、是非入社していただきたいと思いました。
また、他社の選考状況などを考慮して早めに結論を出したほうが
よいということで早々にラブコールをおくらせて頂いた次第です」

今までは選考試験ということで、良くて対等という立場でお話をしていたので、
なんといいますか、こちらがかなり優位になっているような不思議な
感じでした。ドラフト指名された野球選手が説得されているみたいな
感じですかね?(分かりにくい例えですが)

それからは、今の状況をお伝えして迷っていることをお伝えしたところ、他社の
状況が出たら、教えてくださいと言われました。
こちらの言い分も聞いてくれましたし、お話ししてよかったです。

しばらくして、電話で内々定をお伝えしてくれた方が
「是非、帰る前にお会いしたい」
ということで、部屋に入ってきてくれました(実は、この方、管理人の高校の
先輩)素直に嬉しかったです(全員に言っているのかもしれませんけれど)

正直、他社の選考試験に全て落ちれば、間違いなくここに行くだろうなぁと
感じる話し合いでしたね。むしろ、落ちてくれたら悩まないのにと思いました。

で、帰宅したら他社からの選考試験の結果を伝える封筒が。
なんとか合格した模様です。これで2社目の内々定ですね。
おそらく受かるだろうと思っていましたが。
理由は詳しく語りませんが、以下ヒントだけ。

・自由応募と推薦応募
・筆記試験重視

迷っている気持ちもあることにはありますが、2社目のほうにお世話に
なろうかなと考えています。2社目は実家からも近いですし(といっても
そんなには変わらないかも?)
あと、両親や親戚の意見なども参考及び考慮すると、ここになりそうです。

でも、一緒に働きたいなぁと思った人達が多かったのは間違いなく昨日お話を
した企業さんなんですよね。
んー出来れば2社で働きたい(無理ですけど……)

就職活動中にお祈りメールをもらった時に、
「数社から内定もらって、企業にお祈りメールしたいなぁ」
などと言っていたのですが、今考えるととんでもないですね。
自分を評価していただいた企業に対して、辞退のお知らせをするなんて、
出来ることならしたくないです。

でも、自分の一生を決めることですからね。
きちんと結論を出してから、辞退の連絡をしたいと思います。
最後の最後まで、企業に対する誠意をもって。
[PR]
by kazuyuna | 2006-05-27 14:55 | 日記