自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

先ほど、面接で気をつけたいことを書いたばかりですが

家に帰ると一通の封筒が。

「慎重に選考いたしました結果、残念ながら……(以下略)」

ええ、まぁ簡単に言うと不合格通知、ですね。
自分の出来からしても落ちていても仕方がないと思っていましたが
それでも、やはり現実を目の当たりにすると結構滅入りますね……。

正直申し上げまして「練習で受けよう」という気持ちはありました。
そして、今回の面接で思ったことは

・人事の方は人を見るプロの方
 練習で受けよう、なんて思っている人が合格するはずがない。
 受かりたい、絶対ここで働きたいという気持ちを出さなければ
 合格するはずがない。

・面接では予想以上に緊張する
 個人差があると思いますが、管理人はかなり緊張しました。
 志望度が高くないところでもかなり緊張しましたので、志望度が高い
 ところは、きっとすごい緊張するんでしょうね……。

大きく学んだことが、この2つです。
甘く見ていたわけではないですが、現実は厳しいです、やはり。

以前、Web試験での不合格はありましたが、面接では初めてです。
筆記試験とは違い、「自分を見てもらった上で」不合格だったわけですから
かなり落ち込みますね、志望度関係なく……。
面接で何度も落とされたら鬱になるのも納得です。
志望度低い企業1社で、こんなにもダメージを受けるのですから。

でも。
そんな話をしていても、結果は変わらないわけで。
泣き言を言っていても他社の面接は訪れるわけで。

面接官が落ち込んでいる学生をとりたいと思うでしょうか?
答えは分かりきっています、『NO』です。

だから、気持ちを切り替えます。自分のために。自分の未来のために。
今回の失敗を次回に繋げるために。
だから、気持ちを切り替えるために失礼を承知ながら書かせていただきます。

「今回受けた○○会社さん、貴社は人を見る目がありませんね!」

人を悪く言うことは決して好ましいことではありませんが、今回だけは
ご容赦いただきたい。そう願います。それでは。
[PR]
by kazuyuna | 2006-03-28 00:58 | 日記