自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

昔々のことじゃった

それは三年ほど前のことじゃった。そんなに昔じゃないじゃん。
ある大学で班に分かれてゲームを作る講義があったそうな。

ほとんどの者がゲームを作ったことがなかったのじゃろう。
どんなゲームを作るかが、なかなか決まらなかったそうじゃ。
そんな時にあるものがいったそうな。

「私、ダンジョン風のゲームを作りたいな」

特にこれといった希望がなかった他の者は、すぐさま承諾したそうな。
そして、そのゲームは以下のようなものじゃった。

<タイトル>
 ダンジョン……なんとか(だったと思う)
<内容>
 2~4人用の対戦ゲーム。
 洞窟内を進み、洞窟内にあるアイテムなどを使用してゴールを目指す。
 ゴールにはゲーム人数から1引いた人数が到達可能。

そのゲームを作る途中でゲームのプロローグを書いた者がおったそうな。
結局、使われることはなかったが、それは以下のようなものじゃった。

<プロローグ>
 街外れに一つの洞窟がある……
 その洞窟はこう呼ばれている

   「いけにえの洞窟」

 いつから呼ばれているのか知らない 誰が名づけたのか知らない
 この洞窟にはただ一つの真実が存在する
 それはこの洞窟に進入してはいけないということ
 特に親しい関係の者と入るのは絶対にやめたほうがいい

 洞窟は寂しがっている 洞窟は人を欲している
 洞窟は進入してきた者の中で一人を選ぶ
 選ばれた者は決して外に出ることはできない

 この真実を聞いても中に入る者がいるだろうか?
 否、断じていない……

 真実を知らずに旅人が進入してくることがある
 しかし私は真実を話したりはしない 決して誰にも話さない 
 私は寂しがっている 私は人を欲している……

執筆者は、文章を書くことが好きな青年だったそうじゃ。
そして、今ではどこかでブログを書いているんじゃと。 
文章を書くことが好きだ、という気持ちは生涯かわることはなさそうじゃ。

ジュウザ(北斗の拳)の名言】
 俺は最後の最後まで雲のジュウザ
[PR]
by kazuyuna | 2005-07-25 17:53 | 日記