自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

相手を信頼する 自分が信頼される

ゆ~びき~り げんまん うそついたら はり千本の~ます ゆびきった

小さい頃、多くの方が経験したことがあると思います。
実際に約束破ったからといって針千本飲まされたことはないですが。

約束をする時は相手の事を信頼してるからできると思うんです。
逆に言えば自分は相手に信頼されているということです。
信頼していない人と約束しても仕方ありませんからね。

約束というものにはいろいろとあると思います。
友人と交わす遊びの約束。仕事上の約束。
前者なら多少なりとも破ったことありませんか?例えば次のような場合。

「○時に集合」という約束があった、皆さんはどう考えてますか?
5~10分くらい遅れても許容範囲だって思っている人もいると思います。
実際、友人との遊びの約束に多少遅れたところで怒られたりしません。

でも、「○時に集合」という約束を破っていることに違いはないと思う。
仕事の約束は時間通りにするけれど、友人との約束は破ってしまう。
仕事の約束は守らないと大変なことになってしまうからでしょうけど。

確かに約束を破ったことによって自分が被る被害の差は大きいでしょう。
でも、破っても構わない約束なんてないと思いませんか?
約束を破ることは、自分を信頼してくれた人を裏切る事になりませんか?
「仲の良い友人だから」とか「いつも多少は遅れてるから」というのは
ただの甘えだと思うのです。

人間ですから遅れてしまうこともあるでしょう。管理人も含めてね。
そういったときにメールで遅れることを知らせたりしますよね。
しかし、自分が遅れることを知らせるのは当然のことであって、
約束を破ることが許されるわけではないことを肝に銘じるべきだと思う。

怒られないからとか、責められないからといって相手に甘えていては
信頼を失い、最終的には約束さえ交わしてもらえなくなります。
だから大切に考えたほうがいいと思います。
貴方を信頼してくれる人を無くしてしまう、その前に。

飯島さん(ザ・ワ-ルド・イズ・マイン)の名言】
 誇り高く、威厳あるものは、それにふさわしい生き方をしてる。
 そういったもんだべさ!!

[PR]
by kazuyuna | 2005-10-08 23:19 | 思ふこと