自分の軌跡を形に


by kazuyuna
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

夢よ もう一度

2005年度セントラルリーグ優勝:阪神タイガース

タイガースの皆さん、ファンの皆さん、本当におめでとうございます。
かくいう管理人もタイガースファンの内の一人です。

野球中継も見てましたが、強い。今年のタイガースは強いね。
一昨年の優勝の時も強かったけど、勢いみたいなのもあったと思う。

しかし、今年は少し違うと思う。
勢いも確かにあったが、それに加え王者の風格があった。
勝つべくして勝っている。まさに横綱相撲をしていると思う。

1~3番の出塁、一つでも前の塁へ進もうとする意識。
そういう点で赤星の盗塁は外せない。
得点に繋がるのはもちろん、投手に与える精神的プレッシャーもある。

4番、5番の勝負強さ。
セントラルリーグ打点部門の1、2位が続いているのだから凄い。
投げる投手はたまったものではない。
ここまで繋げばなんとかしてくれる、そういう思いにさせてくれる。

そして下位打線。次の打者へ、次の打者へという気持ちが表れている。
タイガースを見ていると打線という言葉がよく理解できると思う。
得点は一人でとるものではなく、皆でとるものだと。

投手陣の話に移ろう。
先発では下柳が柱になっていたと思う。
成績だけではなく、皆をひっぱる力。見えない力は大きい。
下柳は言っていた。

誰よりも準備をしてきた自信はある、と。

そんな下柳に引っ張られ、誰もが素晴らしい成績を残せた。
まぁ、井川にはもう少し期待していた部分もある。
なんといってもタイガースのエースなのだから。

そして、なんといっても投手陣はJFKの3人の存在が大きかった。
ウィリアムス、藤川、久保田。誰もが素晴らしい投手である。
どこの球団に行っても抑えを任せられると思う。

その3人が7~9回に1人ずつ出てくる。まず打たれない。
それを証拠に6回までタイガースがリードしている試合の勝率は
ゆうに90%を超えている。9割以上の勝率をたたき出しているのだ。

だから仮に打たれたとしても、こいつが打たれたなら仕方ない。
そういう気持ちにさせてくれる。これは凄いことだ。
タイガースは本当に投手に恵まれたと思う。

さて、優勝から一夜明け、勝利の美酒の味に堪能する時間も終わった。
タイガースはセントラルで優勝した。だが、終わりではないだろう?
もう一仕事残っているじゃないか。
昨日の優勝監督インタビューで岡田監督も言っていた。

我々は、2年前に忘れ物をしてきた。それを取りにいく。

日本シリーズだ。20年前に優勝してから遠ざかっている栄冠だ。
相手はまだ決まっていない。いや、どこが相手だろうと関係ない。
タイガースの野球をしてほしい。タイガースの野球をすれば栄冠をつかめる。
もう一つの夢に向かって突っ走れ。貴方達は強い!

ロロノア ゾロ(ONEPIECE)の名言】
 おれはもう!!二度と敗けねぇから!!!!

[PR]
by kazuyuna | 2005-09-30 14:28 | 日記